【エアコン送風ファン掃除】洗浄スプレーの使い方とDIYクリーニングのコツ

エアコンファン洗浄スプレーくうきれいの使い方

エアコンの風がくさいと思ってアルミフィンを掃除したりすると気がつくのは、送風ファンに生えたカビなのではないでしょうか?

この送風ファンのカビはエアコンクリーニング業者に頼んで取り除いてもらう(相場は7,000~13,000円程度)のが一般的ですが、どうにか自分で掃除してクリーニング費用を節約したいという人もいるのではないかと思います。

ただ、いざ自分で洗浄しようと思っても、アルミフィン部のようにホームセンター等で売られている洗浄スプレーでは薬剤の量が少ないため、ファンの汚れをうまく汚れを落とせません。

ですので、送風ファンのカビを取り除くためには専用の洗浄スプレー(くうきれい、カビッシュトレールなど、約2,000~3,000円)を通販で取り寄せて施工する必要があります。

この方法のメリットはルーバーを取り外すことなく、エアコンは分解せずに送風ファンを洗浄することができるという点です。

今回は、送風ファン専用の洗浄スプレーを使ってファンにびっしりついたカビ汚れをクリーニングする具体的な方法や、この送風ファン掃除方法のメリットやデメリットについて、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

DIY送風ファンクリーニングに必要なもの

まずはじめに、自分で送風ファンを掃除するために必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】くうきれい

エアコン送風ファン専用洗浄スプレー

エアコンの送風ファンの洗浄スプレーは、①ムース(洗浄液)と②リンス(すすぎ)がセットになっているタイプのものを選びましょう。

具体的には、くうきれい(ショーワ、約2,000円)やカビッシュトレール(コパ・コーポレーション、約2,500円)などの商品をネットで購入しておけばOKです。

エアコンファン専用の洗浄スプレー付属の養生シート

これらの商品には専用の養生シートもセットされているので、手軽に送風ファンの洗浄を行うことができるのも特徴です。

【必要なものその2】脚立

エアコンファン洗浄で使った脚立

送風ファンを洗浄したり、養生シートを取り付けたりする際に脚立などが必要です。

椅子や机でも代用可能ですので、作業しやすいものを準備していきましょう。

【必要なものその3】加圧ボトル

エアコンのファン洗浄で使った加圧スプレーボトル

エアコンのファン洗浄でいちばん重要なのが、洗浄スプレー(ムース、リンス)の使用後に、更に大量の水でファンをすすぐための加圧ボトルスプレー(ホームセンターなどで購入可能、約500円)です。

どうしてこのようなものが必要になるのかというと、上記で紹介した洗浄スプレーのリンス(すすぎ剤)は内容量が200~300mlしか入っておらず、その量ではせっかくカビが浮き上がっているにもかかわらず、そのカビをエアコン外に排出しきれません。

というのも、エアコンクリーニング業者の場合、洗浄後のすすぎは少なくとも20~30Lの水(お湯)を使い、しっかりと薬剤で浮かしたカビを大量の水で洗いで取り除いていくからです。

洗浄スプレーのリンス剤だけではムース剤(洗浄剤)でふやけたカビの大部分を取り除けないまま終わってしまうため、2~3週間ほどでまたエアコンの風がくさくなってしまいますので、ぜひこのような加圧ボトルスプレーを使ってすすぎをしっかりと行えるようにしておきましょう。

【必要なものその4】その他

この他に、バケツや雑巾、ティッシュ、ゴミ袋などを準備しておくと、作業中に慌てて必要なものを取りに行かなくても済むと思いますので、予め準備しておきましょう。

【STEP1】エアコンのコンセントを抜く

送風ファンの洗浄はエアコンの電源OFFの状態で行います。

なお、万が一の感電を防ぐために、エアコンのコンセントを抜いておきましょう。

エアコンのコンセントを抜く

【STEP2】エアコンに養生シートを取り付ける

次にエアコンに付属の養生シートを取り付けてきます。

エアコンファン洗浄スプレー(くうきれい)付属の養生シート

養生シートの両面テープを外し、以下のような感じでエアコンの下面や横面に取り付けていきましょう。

エアコンファン専用の洗浄スプレー付属の養生シート

【STEP3】くうきれい(ムース)をファンに吹き付ける

ここからはいよいよエアコンの洗浄工程となります。

送風ファン洗浄スプレー「くうきれい」のムース剤をよく振り、その後ファン部に吹き付けていきます。

くうきれいのムース剤

エアコンのファン部にくうきれい洗浄スプレーを吹き付ける

ムース剤をスプレーしていくと、こんな感じでもこもこと泡が出てきますので、ファン全体が泡で覆われるようにムース剤を吹き付けていきましょう。

エアコンファン洗浄スプレーくうきれいの使い方

くうきれいのムース剤を吹き付けたエアコン送風ファン

送風ファン全体をムースで覆うことができたら、割り箸などを使ってファンを少し回転させ、ムースがファンの裏側にも絡まりつくようにしてあげましょう。

割り箸でエアコンのファンを回転させる

この状態で30分ほど放置すると、こんな感じで養生シートの中に汚れた洗浄液が溜まっていきます。

洗浄液施工して30分後

ただ、まだエアコンの送風ファンやその周りのダクトの壁にはカビがびっしり付いているような感じです。

ムース剤施工後のエアコン

【STEP4】リンス剤を施工する

ここからは、くうきれいのリンス剤を送風ファンに吹き付けていきます。

くうきれいのリンス剤

くうきれいのリンス剤を施工する

リンス剤をファンにまんべんなく吹きかけていくと、養生シートには汚水が溜まってきました。

くうきれいリンス剤使用後の汚水

くうきれいで落ちた汚れが浮かんでいる廃液

この汚水の色や浮かんでいるカビを見るともうエアコンファンはきれいになっていると思い込んでしまう人がいるかも知れません。

ただ、この段階でエアコンの吹出口の辺りをよく見てみると、リンス剤を使い切った後なのに、まだまだカビ汚れがたくさんついていることに気がつくと思います。

くうきれい使用後の吹出口にはカビがまだついている

実は市販されている送風ファン洗浄スプレーだけでは、こんな感じで完全にカビ汚れをすすぎきる(エアコンから取り除く)ことは難しく、ここからは私達自身で残っているカビ汚れをお湯などでしっかりとすすいでいく必要があります。

そこで登場するのが、このような加圧ボトル式のスプレーです。

エアコンのファン洗浄で使った加圧スプレーボトル

本来は園芸などで活用する道具で、ホームセンターに行けば500円ぐらいで購入することができます。

タンクの中に水やお湯を入れ、上部の持ち手を上下に動かしてやるとポンプが加圧され、勢いよく水を噴射することができるようになります。

加圧ボトル式スプレー

加圧ボトル式スプレーを送風ファンに吹き付ける

ここで注意しておきたいのは、エアコンに取り付けている養生シートはあまり強いものではないため、いったんシートの中に溜まった薬剤の廃液を取り除いてからスプレーしてやるということです。

くうきれいの廃液

廃液を取り除いた状態

早速、加圧ボトルスプレーで送風ファンをすすいでいくと、こんな感じでたくさんの汚れが取れてきました。

加圧ボトルすすぎ1回目

加圧ボトルすすぎ1回目の拡大

加圧ボトルすすぎ1回目の廃液

こんな感じで、カビ汚れはまだまだ送風ファンについているようです。

今回は、このカビ汚れが出てこなくなるまでしっかりと洗いでいくことにしました。

【加圧ボトルすすぎ2回目】

加圧ボトルすすぎ2回目

【加圧ボトルすすぎ3回目】

加圧ボトルすすぎ3回目

加圧ボトルすすぎ4回目

加圧ボトルすすぎ4回目

加圧ボトルすすぎ5回目

加圧ボトルすすぎ5回目

加圧ボトルすすぎ5回目の廃液

加圧ボトルすすぎをやりはじめて5回、まだまだ送風ファンからはカビ汚れがでてきています。

ちょっと疲れてきましたが、カビ汚れが出てこないようになるまで頑張っていきます。

加圧ボトルすすぎ6回目

加圧ボトルすすぎ6回目

加圧ボトルすすぎ7回目

加圧ボトルすすぎ7回目

加圧ボトルすすぎ8回目

加圧ボトルすすぎ8回目

加圧ボトルすすぎ9回目

加圧ボトルすすぎ9回目

加圧ボトルすすぎ10回目

加圧ボトルすすぎ10回目

加圧ボトルすすぎ10回目の廃液

加圧ボトルですすぎをやりはじめて10回目、もう1時間ほどすすぎ続けています・・・。

廃液の色は透明になってきましたが、まだカビ汚れが汚水の中に浮かんでいます。

だんだん手も疲れてきましたが、カビが取れなくなるまでもうひと踏ん張り頑張ってみます。

加圧ボトルすすぎ11回目

加圧ボトルすすぎ11回目

加圧ボトルすすぎ12回目

加圧ボトルすすぎ12回目

加圧ボトルすすぎ13回目

加圧ボトルすすぎ13回目

加圧ボトルすすぎ14回目

加圧ボトルすすぎ14回目

加圧ボトルすすぎ15回目

加圧ボトルすすぎ15回目

加圧ボトルすすぎ15回目の廃液

送風ファンのすすぎをやりはじめて15回目・・・。

ようやくすすぎ廃液からカビ汚れがほとんどなくなりました。

すすぎで使うお湯の量は1回あたりだいたい600mLだったので、トータル約9Lのお湯ですすいだことになります。

エアコンの吹出口を覗いてみると、見える範囲のカビ汚れはほとんど取りきることが出来た感じで、ピカピカになっています。

送風ファン洗浄後のエアコンの吹出口(左)

送風ファン洗浄後のエアコンの吹出口(右)

これでようやく送風ファンのすすぎ工程が完了です。

【STEP5】乾燥工程

ここからは水浸しになっている送風ファンの乾燥工程についてお話していきます。

まず、タオルなどで吹出口を覆い、その状態で送風運転などを行います。

タオルを吹出口に取り付けた状態で送風運転

送風運転が開始されると、ビシビシビシッと音を立てながら、ファンについていた水滴がタオルや養生シートに落ちてきます。

1~2分ほど運転したらエアコンを停止して養生テープを剥がし、エアコンの吹出口周りの水滴を拭いてあげましょう。

エアコンの吹出口周りの水滴を拭き取る

その後、エアコン内部を乾燥させるために送風運転などを1~2時間ほど運転してやればエアコンクリーニングは完了です。

エアコンクリーニングが完了した

このエアコン送風ファンDIY掃除方法のメリット・デメリット

ここからは、このエアコン送風ファン専用洗浄スプレーを使ったDIY掃除のメリット・デメリットについてお話していきます。

【メリットその1】エアコンを分解することなく送風ファンを自分でキレイにすることができる

エアコンのファン部にくうきれい洗浄スプレーを吹き付ける

エアコン送風ファン専用の洗浄スプレーを使った掃除方法の一番のメリットは、エアコンを分解することなく送風ファンを綺麗にできることです。

というのも、一般的なエアコン送風ファンの掃除方法(すきまブラシを使った送風ファン掃除方法送風ファンを取外して行う掃除方法)では、エアコンを分解する必要があるため、DIYに自身がある人しかできないからです。

この方法であれはあまりメカに詳しくない人でも手順通りに行っていけば、送風ファンをキレイにしていくことができます。

【メリットその2】エアコンの風のニオイがかなり減る

送風ファンがきれいになると、そこを通って出てくるエアコンの風が以前よりにおわなくなります。

定期的にエアコン洗浄スプレーなどでアルミフィン洗浄はやっていたのだけれど、送風ファンの掃除は初めてという場合は、特に風がきれいになったと感じます。

【メリットその3】風量が上がる(冷暖房効率が上がる)

エアコンのファン部分についたカビを掃除

掃除してきれいになったエアコンの吹出口

送風ファンのフィンに付いていた汚れが落ちたため、新品時のようにスムーズに風が送り出されるようになります。

エアコンは室内機の風量が大きくなるほど冷暖房効率も上がっていきますので、送風ファンを掃除することで電気代も安くなります。

【メリットその4】音が静かになる

送風ファンに汚れがたくさんついていると、ファンの回転重心がずれてしまい、ファンが回転する際に発生する振動などで音がうるさくなってしまっています。

また、フィンとフィンの間が汚れで詰まっている場合、新品時よりもエアコンの風量設定を強い設定(送風ファンを高速に回転させる設定)にしなければならなるため、ファンの回転音が大きくなります。

ファンに固着していた汚れが取れるとファンがスムーズに回転するようになり、かつ低回転で十分に風を送り出せるようになるため、エアコン室内機の運転音が静かになります。

【デメリットその1】本体カバー裏側に汚れがたまる

エアコン本体カバー裏側に溜まった汚れ

送風ファン専用の洗浄スプレーは本体カバーを外さずに掃除ができるというメリットが有りましたが、その反面、薬液が隙間から侵入して本体カバーの裏側に溜まってしまいます。

基本的には、ここについた廃液は乾燥してカピカピになってしまうので特に問題にはならないのですが、何度かこの方法で送風ファン掃除をしたのであれば、一度本体カバーを外して本体カバーを水洗いしておくことをおすすめします。

>>エアコン本体カバーの外し方

【デメリットその2】暑くて疲れる

加圧ボトル式スプレーを送風ファンに吹き付ける

送風ファンの洗浄中はエアコンを止めての作業になるため、部屋がものすごく暑くなります。

また、今回のようにすすぎをしっかり行おうとすると半日ぐらいはかかってしまいますし、暑い部屋で行う慣れない作業なのでとても疲れてしまいました。

【デメリットその3】故障して動かなくなるリスクがある

エアコン掃除には、エアコン故障のリスクがあります。

自分でエアコン掃除するということは、それが原因でエアコンが故障して動かなくなっても自己責任になることを承知の上で行う必要があります。

経験上、エアコン掃除でエアコンが壊れたことはありませんが、エアコン故障が不安な場合は業者に依頼したほうが安心できると思います。

【デメリットその4】ドレンパンの汚れまでは落とせない

取り外したエアコンのドレンパンと送風ファン

エアコン送風ファンの下側についているアルミフィンから出る露を受け止めるためのドレンパンという部品があります。

エアコンのドレンパンに発生するカビ

送風ファンの洗浄スプレーだけではこのドレンパンに発生したカビ汚れを落とすことはできません。

特に、室内機のアルミフィンを掃除するために、エアコン洗浄するプレーを多用している場合、ドレンパン出口部分で汚れが詰まってしまってエアコン室内機が水漏れしてしまう場合があります。

そういったことを防ぐためにドレンパンまでキレイにしたい場合は、エアコンを分解して掃除していく必要があります。

>>カビだらけのエアコン送風ファンを自分で分解掃除する方法

最後に一言

今回は、【エアコン送風ファン掃除】洗浄スプレーの使い方とDIYクリーニングのコツについてお話しました。

市販されている送風ファン専用の洗浄スプレーは、ファンに付いたカビ汚れを浮き上がらせる効果は高いものの、付属しているリンス剤の量が圧倒的に少ない(約200~300mL)ため、加圧スプレーボトルなどを使って自分でしっかりとすすいでやるのがコツです。

今回の場合では送風ファンをすすぐためには約9Lのお湯が必要となりましたが、その分送風ファンのカビ汚れはしっかりと取れました。

なお、送風ファンの掃除方法はこの他に、ルーバーを取外してすき間ブラシを使って行う方法や、エアコンを分解してファンを取り出してしっかりキレイにする方法もあります。

>>【すきまブラシ】エアコン送風ファンのカビ汚れを掃除する方法

>>カビだらけのエアコン送風ファンを分解掃除する方法

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました