【エアコンファン掃除】洗浄スプレーの使い方とDIYクリーニングのコツ

DIY送風ファンクリーニングに必要なもの

まずはじめに、自分で送風ファンを掃除するために必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】くうきれい

エアコン送風ファン専用洗浄スプレー

エアコンの送風ファンの洗浄スプレーは、①ムース(洗浄液)と②リンス(すすぎ)がセットになっているタイプのものを選びましょう。

具体的には、くうきれい(ショーワ、約2,000円)やカビッシュトレール(コパ・コーポレーション、約2,500円)などの商品をネットで購入しておけばOKです。

エアコンファン専用の洗浄スプレー付属の養生シート

これらの商品には専用の養生シートもセットされているので、手軽に送風ファンの洗浄を行うことができるのも特徴です。

【必要なものその2】脚立

エアコンファン洗浄で使った脚立

送風ファンを洗浄したり、養生シートを取り付けたりする際に脚立などが必要です。

椅子や机でも代用可能ですので、作業しやすいものを準備していきましょう。

【必要なものその3】加圧ボトル

エアコンのファン洗浄で使った加圧スプレーボトル

エアコンのファン洗浄でいちばん重要なのが、洗浄スプレー(ムース、リンス)の使用後に、更に大量の水でファンをすすぐための加圧ボトルスプレー(ホームセンターなどで購入可能、約500円)です。

どうしてこのようなものが必要になるのかというと、上記で紹介した洗浄スプレーのリンス(すすぎ剤)は内容量が200~300mlしか入っておらず、その量ではせっかくカビが浮き上がっているにもかかわらず、そのカビをエアコン外に排出しきれません。

というのも、エアコンクリーニング業者の場合、洗浄後のすすぎは少なくとも20~30Lの水(お湯)を使い、しっかりと薬剤で浮かしたカビを大量の水で洗いで取り除いていくからです。

洗浄スプレーのリンス剤だけではムース剤(洗浄剤)でふやけたカビの大部分を取り除けないまま終わってしまうため、2~3週間ほどでまたエアコンの風がくさくなってしまいますので、ぜひこのような加圧ボトルスプレーを使ってすすぎをしっかりと行えるようにしておきましょう。

【必要なものその4】その他

この他に、バケツや雑巾、ティッシュ、ゴミ袋などを準備しておくと、作業中に慌てて必要なものを取りに行かなくても済むと思いますので、予め準備しておきましょう。

次のページでは、送風ファンの具体的な洗浄方法についてお話してきます。





タイトルとURLをコピーしました