【面倒な掃除不要】オゾン発生器でエアコンの生臭いカビのにおいを消臭する方法

オゾン発生器でエアコンの生臭い臭いを一発消臭

エアコン内部にカビが発生してしまうと、吹出口から生臭いにおいがしてきて、困ってしまいます。

夏場のエアコンがフル稼働していて内部の熱交換器(カバーを開けた奥にあるアルミフィンのこと)が露でびしょびしょに濡れている時は、内部にカビが発生していても、においの原因となる物質は発生した露と一緒に室外に排出されていくため、エアコンの風を臭いと思うことは少ないでしょう。

でも、春や秋など、そこまで暑くはないけど冷房は付けておきたいという場合、エアコンは断続運転やトロトロ運転をし始めるため、エアコン内部で発生する露が少なくなり、熱交換器が半乾きの状態になってきます。

洗濯物の部屋干しと同じように、カビによる臭いはこのような半乾きの状態が一番臭う(逆に、びっしょり濡れているときや、完全に乾いているときはほとんど臭わない)ものです。

このような感じでエアコンの風がくさくなった場合、エアコンクリーニングを行ってにおいの原因である内部に生えたカビを取り除くのが一般的です。

ただ、自分ではエアコン掃除は難しかったり、業者に依頼するのも面倒(賃貸住宅など)な場合もあることと思います。

ここで知っておきたいことは、殺菌や消臭に効果のあるオゾンを使えば、エアコンの分解などをしなくても、簡単に自分でエアコンの生臭い匂いを消臭することができるということです。

今回は、そんなオゾン発生器を使ったエアコンの生臭い匂いのDIY消臭方法について、お話していきます。

スポンサーリンク

オゾンによるエアコン消臭で必要なオゾン発生器

オゾン(O3)は、酸素(O2)の同素体(同一種類の元素で出来ているのに構造が互いに異なる物質のこと)で、その殺菌力は天然元素の中ではフッ素に次いで高く、空気中では塩素の約1.6倍、水中では約7倍もある言われています。

また、微生物(細菌、真菌など)や臭気物質にも作用して、殺菌、脱臭、色素類の脱色もする性質もあります。

このオゾンは通常の反応によって毒性のある副次物を生成しないことや、周りにある空気中の酸素から生成することができるという利点があることから、飲み水の浄化や殺菌、ホテルやビルの脱臭のほか、工業製品の製造プロセスの中で使われたりなど、幅広く利用されてきました。

オゾン発生器は一昔前まで小型なものでも20~30万円するのが普通だったので、なかなか家庭の中の消臭という用途の利用で使われてこなかったという経緯があります。

ただ、最近では業務用と変わらないレベルの高濃度のオゾンを発生させることができるものを、約7000円で購入できるようになってきました。

約7000円で購入できるオゾン発生器

出店)【最新上位機種】 オゾン発生量5000mg 業務用オゾン脱臭器 【日本仕様・電気用品安全法準拠】 オゾン発生器 空気清浄機|Amazon

オゾン発生器は空気清浄機のように作動させた状態にしておくような使い方をするのではなく、人がいない間にある程度濃い濃度のオゾンで部屋中を満たしてやり、その空気をエアコンに吸い込ませることによってエアコンの内部の生臭い匂いの発生源を消臭する(匂いを出す微生物を殺菌する)という使い方をします。

オゾン発生器でエアコンの生臭い臭いを一発消臭

そのため、発生量が少なすぎるとオゾンが消臭し始める濃度に達するまでに時間がかかってしまいますし、逆に発生量が多すぎると数十秒で必要な量のオゾンの発生が終わってしまう(オーバースペック)になります。

今回使った上記のオゾン発生器(発生量5000mg)の場合、16畳程度の部屋であれば作動時間は5分ほどで必要な濃度のオゾンを発生することができる(その後はオゾンを部屋に充満させた状態で数時間放置して殺菌消臭していく)という感じです。

オゾン発生器の設定時間の目安

よっぽど大きな部屋を持っている人でない限り、これぐらいのオゾン発生器を用意しておけば十分です。

よくやってしまいがちなこととしては、しっかり消臭したいからと言って必要以上にオゾンの濃度を上げる(オゾン発生器の設定時間を長くする)人がいたりしますが、高濃度のオゾンは物質を酸化(劣化)させてしまうため、部屋の中のものを痛めてしまうことがあります。

ですので、適度なスペックのオゾン発生器と、適切な時間設定でエアコンの消臭を行うようにしていきましょう。

次のページでは、オゾン発生器を使った具体的なエアコンの消臭方法についてお話していきます。





タイトルとURLをコピーしました