【面倒な掃除不要】オゾン発生器でエアコンの生臭いカビのにおいを消臭する方法

スポンサーリンク

オゾン発生器でエアコンの生臭い臭いを一発消臭

エアコン内部にカビが発生してしまうと、吹出口から生臭いにおいがしてきて、困ってしまいます。

夏場のエアコンがフル稼働していて内部の熱交換器(カバーを開けた奥にあるアルミフィンのこと)が露でびしょびしょに濡れている時は、内部にカビが発生していても、においの原因となる物質は発生した露と一緒に室外に排出されていくため、エアコンの風を臭いと思うことは少ないでしょう。

でも、春や秋など、そこまで暑くはないけど冷房は付けておきたいという場合、エアコンは断続運転やトロトロ運転をし始めるため、エアコン内部で発生する露が少なくなり、熱交換器が半乾きの状態になってきます。

洗濯物の部屋干しと同じように、カビによる臭いはこのような半乾きの状態が一番臭う(逆に、びっしょり濡れているときや、完全に乾いているときはほとんど臭わない)ものです。

このような感じでエアコンの風がくさくなった場合、エアコンクリーニングを行ってにおいの原因である内部に生えたカビを取り除くのが一般的です。

ただ、自分ではエアコン掃除は難しかったり、業者に依頼するのも面倒(賃貸住宅など)な場合もあることと思います。

ここで知っておきたいことは、殺菌や消臭に効果のあるオゾンを使えば、エアコンの分解などをしなくても、簡単に自分でエアコンの生臭い匂いを消臭することができるということです。

今回は、そんなオゾン発生器を使ったエアコンの生臭い匂いのDIY消臭方法について、お話していきます。





タイトルとURLをコピーしました