【エアコンクリーニング】室内機を取外&分解して徹底的に洗浄する方法(上級編)

エアコンのDIYクリーニングで必要なもの

ここからは、エアコンのDIYクリーニングで必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】脚立とシート

エアコン室内機を取り外す際に使った脚立とシート

エアコンの室内機を取り外したりする時に脚立を使います。

比較的大きなサイズのものを用意しておくと作業が楽になると思います。

また、室内機を取り外す際に、室内機から汚れた水などが落ちる場合がありますので、養生用のビニールシートも準備しておいたほうがいいと思います。

【必要なものその2】プラスドライバー

エアコン取り外し道具のプラスドライバー

プラスドライバーは、エアコンを分解したりする時に使います。

一般的なサイズのものがあればOKですので、準備しておきましょう。

【必要なものその3】マイナスドライバー

エアコン配線を抜く際にマイナスドライバーで押す

マイナスドライバーはエアコンの配線を取り外す際に使います。

少し大きめのものを使ったほうが力を入れやすいと思います。

【必要なものその4】モンキーレンチ

バルブキャップをモンキレンチで取り外す

モンキーレンチは、エアコンのフレアナットやバルブキャップなどの取り付けや取り外しで使います。

大きめのものと中ぐらいのもの、それぞれ1本づつ準備しておきましょう。

【必要なものその5】六角レンチ(4mm)

エアコン取り外しのポンプダウンで送り側を閉じる

エアコンの配管の中にある冷媒ガスを室外機の中に封じ込めるためのポンプダウン運転を行う際に、4mmの六角レンチ(1本)を使います。

【必要なものその6】トルクレンチ

エアコンの配管を締め付けるトルクレンチ

エアコン配管からの冷媒漏れを防ぐためには、トルクレンチを使って適切な締め付けトルクでフレアナットを締め付ける必要があります。

今回は、車のメンテナンスで使うトルクレンチ(約2000円)とソケットセット(約1500円)を活用しました。

【必要なものその7】真空ポンプ

真空ポンプを使って真空引きをする

エアコン洗浄後に冷媒配管を接続したら、配管内の空気を抜き取る真空引きという作業を行うために真空ポンプが必要となります。

真空ポンプで配管内を真空にすれば、配管内に入った水分は真空では蒸発してしまうため、その大部分を配管外に排出することができます。

エアパージ方式(冷媒ガスで配管内の空気を押し出す方法)では、万が一洗浄工程で配管内に入ってしまった水分を配管外に排出することができないため、あまりおすすめできません。

最近ではネットショップなどで真空ポンプが数千円で売られているので、そういったものを活用するといいでしょう。

次のページでは、エアコンの分解洗浄の具体的な方法についてお話してきます。





タイトルとURLをコピーしました