【エアコン室内機水漏れ】ドレンパンのDIY分解掃除方法まとめ

エアコンのドレンパンを分解してクリーニング

エアコンの室内機からポトポトと水が漏れてくるのは、室内機で発生した梅雨を室外に排出するドレンパンやドレンホースの詰まりが原因です。

というのも、最近流行りなのがスプレータイプのエアコン洗浄スプレーを使ったDIYエアコン掃除なのですが、洗浄スプレーは洗浄力が強いためアルミフィンについた汚れを落とすことは出来ます。

ただ、洗浄スプレーは水量が少なく、アルミフィンから落ちたカビやホコリなどの汚れがドレンパンに落ちるだけで、そこから先(ドレンホースを通って室外)に流れていかず、ドレンパンの出口部分やドレンホース内で詰まってしまうことがよくあります。

この場合の対処法は、エアコンの室内機を分解してドレンパンやドレンホースの詰まりを取り除くことです。

エアコン水漏れで業者を呼んだ場合、通常のエアコン掃除料金(1~3万円)+ドレンホース詰まり除去オプション(数千円)となるのが相場で、なんとか自分でドレンパンを掃除できないかと思う人もいるのではないかと思います。

実はエアコンはちょっとしたコツを知っていれば、自分で分解して内部を洗浄することも可能です。

そこで今回は、自分でエアコンを分解してドレンパンの排水ホースなどの詰まりを取り除く具体的な方法についてお話していきます。

スポンサーリンク

ドレンパンの分解クリーニングに必要な物について

まずはじめに、エアコンの分解クリーニングをするために必要な物についてお話していきます。

【必要な物その1】脚立

エアコンの分解クリーニングで必要な脚立

壁の高いところについているエアコンを分解するために、脚立を準備しておきましょう。

その他に、汚れてもいい椅子や机など、体重を支えられるぐらいガッチリとしたものであれば、脚立の代わりに使ってもOKです。

【必要な物その2】プラスドライバーとマイナスドライバー

エアコン本体電源カバーを外す

基本的に、エアコンの分解はプラスドライバーとマイナスドライバーだけで行うことが出来ます。

マイナスドライバーは、エアコンの電源配線を抜き取る際に、このような形で配線を固定している爪を押し緩める際に使います。

エアコン掃除で電源配線を抜いたところ

【必要な物その3】ビニール袋

エアコンの電装品を水から守るためのビニール袋

エアコンを分解してドレンパンをジャブジャブと水洗いする際に、電装品に水がかからないようにビニール袋などを被せます。

2~3枚ほどあれば十分ですので準備しておいてください。

【必要な物その4】カビ落とし道具

分解したエアコンパーツのカビは家庭用の中性洗剤とスポンジ(細長いタイプのものもあると便利)などを使って、水道水でじゃぶじゃぶ水洗いすればきれいになります。

メラニンスポンジなどは表面に小さな傷を作ってしまい、そこにカビが生えるようになってしまいますので、研磨剤の入っていない普通の食器を洗う時に使うような柔らかいタイプのスポンジを用意しておきましょう。

ちなみに、高圧洗浄機を利用する場合は水圧でカビを根こそぎ落とすことが出来ますので、その場合は洗剤やスポンジなどを用意しなくてもOKです。

高圧洗浄機でエアコンファンを水洗い分解掃除

【必要な物その5】サクションポンプ

サクションポンプでエアコンのドレンつまり解消

カビ汚れがドレンパンの出口部分で詰まっているのではなく、ドレンホース内部で詰まっている場合、サクションポンプと呼ばれる道具で汚れを吸い出す必要があります。

ホームセンターやネットショップなどで1500~2000円程度で売られていますので、購入しておきましょう。

なお、ネットなどでは掃除機を使って汚れを吸い出すという方法が紹介されていますが、その方法は掃除機を壊してしまう可能性が非常に高いです。

サクションポンプはそんなに高いものではありませんし、何年か後にまた使っていくことになりますので、このタイミングで購入しておくことをおすすめします。

次のページでは、具体的なエアコンのドレンパンの分解掃除の方法についてお話していきます。





タイトルとURLをコピーしました