【エアコンのカビ】長引く咳の原因と具体的な対策方法

毎年初夏になると始まる子供たちの夏風邪と1ヶ月以上も長引く咳・・・。

何度も病院に連れて行ったり、自分で色々と調査を続けてきた結果、咳の原因は「エアコンのカビを吸ってしまっていること」であることが分かりました。

エアコンのカビ対策というと真っ先に思い浮かぶのが洗浄スプレーなどを使ったエアコン掃除だと思います。

ですが、実際のところそれだけではあまり効果がなく、いろいろと試行錯誤を続けた結果、送風運転によるエアコン内部の乾燥を行うようになってから、あれだけ長引いた子供達の咳がピタッと止まりました。

そこで今回は、初夏になると決まって長引く咳が始まる人向けに、エアコン内部に発生するカビ対策についてお話していきます。

夏風邪の長引く咳の原因はエアコンのカビ

我が家では、毎年梅雨から夏の時期にかけて小さな子どもたちが夏風邪にかかり、コンコンコン・・・という感じの長引く咳に悩まされてしまっていました。

特に一番上の子は生まれつき気管支が弱いせいか、一度咳が出始めるとコンコンコン・・・という感じの発作的な咳になってしまい、小児科では喘息の一歩手前の喘息様気管支炎だというふうに言われ、毎年夏になると気管支を広げるための飲み薬と貼り薬が欠かせないという感じでした。

しかも、子どもたちだけではなく、両親である私たちも同じぐらいの時期になると少し喉がイガイガしてきたり、風邪を引いてしまったりと、とにかく夏になると家族全員が体調を崩してしまっていたというのがこれまでの状況です。

そんな中、耳鼻科で薬を貰おうと調剤薬局に行った時、こんな話を聞きました。

「鼻の調子はどうですか?この季節になるとエアコンのカビが原因で咳や鼻水が出る人がたくさん来るんですよね~・・・」

この言葉に「ピーン!!」ときて、「もしかしたら、エアコンのカビが我が家の夏風邪の原因なのかも?」と思うようになりました。

夏型肺炎 カビが原因|日本経済新聞

出典)夏型肺炎 カビが原因|日本経済新聞

色々と思い出してみると、毎年夏風邪の咳が悪化するのは湿気が高くなるためエアコンをつけ始める梅雨頃からで、秋頃になると子どもたちの咳も改善してきます。

このような経緯から、エアコンに発生するカビの有毒性について詳しく調べてみることにしました。

エアコンのカビの有毒性について

カビは湿度の高い場所を好む性質があります。

冷房運転中のエアコンの内部は冷やされているため、空気中の水分が凝縮して結露します。

それに加えて、エアコンのフィルターが汚れていたりすると、エアコンの内部にまで空気中のホコリが入ってきてしまって、そのホコリにカビが付着し繁殖し始めます。

夏の悩み「カビとニオイ」がもう気にならない!シャープのエアコン「SXシリーズ」大解剖|価格.com

出典)夏の悩み「カビとニオイ」がもう気にならない!シャープのエアコン「SXシリーズ」大解剖|価格.com

カビのもとになるカビ菌はどの空気中にも存在しているため、カビが生育できる環境が整った場合、どこでも発生するというイメージを持ってもらうといいと思います。

エアコン内に発生するカビの中で「トリコスポロン」と呼ばれる真菌(カビの一種)が夏型過敏性肺炎の原因であり、このカビを吸い込んでしまうと、肺の中でアレルギー反応が起こり発熱や咳、体のだるさといった症状を引き起こしてしまいます。

夏型過敏性肺炎は日本で発見された過敏性肺炎で、西日本を中心に、夏季、湿った家屋内に繁殖した真菌 (Trichosporon asahii, Trichosporon mucoides) 属の胞子を反復吸入することによって起こります。夏型過敏性肺炎は、過敏性肺炎の70%以上を占める代表的疾患で、III、IV型アレルギー肺疾患です。原因となる真菌を吸入してから数時間後に咳や痰、悪寒、頭痛、発熱、呼吸困難などの症状が現れます。

出典)抗トリコスポロン・アサヒ抗体保険収載されました! – SRL.INFO

カビ対策の決定版! 「カビ博士」のおもしろカビ講座!|特集記事|元気通信|養命酒製造株式会社

急に痰のからんだ咳がゲホゲホ出て発熱したり、数週間も咳が止まらず息切れしたり、夏風邪のような症状がなかなか治らない場合は、「夏型過敏性肺臓炎」の可能性があります。これは夏に多い病気で、原因は「トリコスポロン」というカビの胞子を吸い込むことによるアレルギー反応です。

出典)カビ対策の決定版! 「カビ博士」のおもしろカビ講座!|養命酒製造株式会社

激しい咳をもたらす病気には、マイコプラズマ肺炎、百日咳、結核などがあるが、最近では、五月から十月にかけての咳は、まず夏型過敏性肺炎を疑うようになった」というのは順天堂大学付属順天堂医院でも診療をしている小林暁子メディカルクリニック院長。病気の原因は、トリコスポロンという種類のカビ。

出典)日経プラス1

トリコスポロンの胞子は3~10ミクロン(1ミクロンは0.001mm)と非常に小さいため、ちょっとした風で部屋中を浮遊しやすく、また鼻や口から吸い込まれ肺に侵入し、肺胞の中まで入り込んで肺炎を引き起こします。

夏風邪と夏型過敏性肺炎を見分ける方法としては、

  • 夏の間だけ咳が出て、夏風邪といわれたことがある
  • 夏風邪の症状がなかなかとれないが、旅行などで自宅を離れると体調がよくなる
  • 何年にもわたって、夏になると同じ症状を繰り返す
  • 家に居る時間が長くなると咳がひどくなる
  • 同居家族も同じ症状を発症してい

などが挙げられます。

確かに子どもたちの話では保育園や小学校に行っている間は咳が出ないといっていましたし、この夏型過敏性肺炎のことを調べれば調べるほど、我が家の長引く咳は単なる夏風邪ではなく、トリコスポロンというカビが原因の夏型過敏性肺炎である可能性がかなり高くなってきました。

エアコンのカビを除去する方法

エアコンのカビを除去する具体的な方法としては、エアコンクリーニングが一般的です。

エアコンのクリーニングは取り付けから3年、その後は2年ごとに行うことが推奨されていて、エアコンフィルター掃除は2週間に1回が基本。

これを聞いて「え~っ、そんなにもクリーニングしないといけないの?」と思ってしまうかもしれません・・・。

でも、エアコンのカビは思っている以上に厄介な存在なので気を引き締めて対策をしていかないとなかなか咳症状の改善にも結びつかないのが現状だと言うことを知っておきましょう。

洗浄スプレーによるDIYエアコンクリーニング

お手軽な方法としては、ホームセンターなどで売られているエアコン洗浄スプレーなどを使って、エアコンのアルミ製の熱交換器のカビを落とすという方法。

エアコン洗浄スプレーを吹き付ける

一度やってみると分かるのですが、洗浄スプレーをアルミフィンのところに吹き付けてやると、そこに付いていたエアコンカビがみるみるうちに落ちていき、熱交換器はピッカピカになりました。

「あ~、スッキリ!!」と思ってこれなら子どもたちの咳も収まるだろうと思っていましたが、子供たちの咳は全く改善されませんでした。

というのも、この洗浄スプレーを使ったエアコンクリーニングには、いくつか落とし穴があったのです。

まず知っておきたいこととして、エアコンのアルミ熱交換器は前面だけではなく、背面側にも設置されています。

エアコンのアルミ熱交換は裏側にもある

基本的にDIY洗浄はエアコンを分解せずに行うため、これで落とせるカビは前面側のアルミフィン部だけに限られてしまいます。

また、エアコンのカビはこの熱交換器のところだけに発生するのではなく、シロッコファン(吹き出し口の奥でグルグル回っているもの)や、エアコン内部の通風路の壁にもビッシリと発生しています。

ホームセンターに売られているエアコン洗浄スプレーでは、このようなシロッコファンや通風路についたカビを取り除くことはできません。

このような理由から、洗浄スプレーによるDIYエアコン掃除では、子供たちの咳を止めることは出来ませんでした。

業者によるエアコンクリーニング

業者によるエアコンクリーニングでは、エアコンを分解して洗浄してくれるところもあり、この方法であれば先ほどお話した熱交換器以外に付着したカビも専用の器具を使って除去することが可能です。

エアコンクリーニングを頼む前に読みたい!3分でわかるプロのお仕事

出典)エアコンクリーニングを頼む前に読みたい!3分でわかるプロのお仕事

注意点としては、1万円未満のエアコンクリーニングの場合、先ほど紹介した洗浄スプレーを使ったDIYクリーニングと同じ作業内容になってしまう場合が多いため、事前にどこまで分解して洗浄するのか確認することをおすすめします。

ただし、これらの業者のクリーニングも100%カビを除去できるというわけではなく、エアコン内にカビが残っている事がありますし、当たり前ではありますが、クリーニングから時間が経過するに従って、またカビが発生してきてしまいます。

ですので、エアコン内部のカビの量を最小限に抑えるためには、最初にお話した通り、エアコンクリーニングを2年毎に行わなければならないという結論に至ります。

でもここで知っておいてほしいことが一つあります。

それは、カビを除去するという方法ではなく、カビを死滅させる方法もあるということ。

しかも、その方法は自分でもお金を使わずに簡単に行うことができる方法だったのです。

エアコンのカビを死滅させる方法

ここからは、エアコンに生えたカビを死滅させる方法についてお話していきます。

先程のエアコンのカビの有毒性というところでお話した通り、エアコンのカビの有毒性を減少させるには、エアコンが設置された空気中の浮遊カビ菌の量を減らし、その結果呼吸によって体内に取り入れられるカビの吸込量(個数)を減らすことが重要です。

それを実現させる方法が以下の2つのステップです。

【STEP1】エアコンOFF時は送風運転を行う

エアコン内部のカビを死滅させるためには、エアコン内部の湿度を下げることが重要です。

一体どの程度にまでエアコン内部の湿度を下げればカビが死滅するのかということについては、以下の文献が参考になると思います。

カビが湿度何パーセント何時間で死滅するかというご質問ですが、死滅するのは菌糸だけです。胞子は植物の種子に相当するもので、乾燥状態でも生き残ります。菌糸が死滅する条件は、カビの種類によっても違いますし、同じカビでも育った湿度条件によっても違います。ndoor Air’ 96ではユーロチウムというカビを使い、「育てた相対湿度」と「死滅する相対湿度」の関係を発表しました。内容は以下の通りです。

ユーロチウムの菌糸は、

  • 相対湿度93.6%で育った場合、相対湿度61.8%で4時間、52.9%で2時間、43.2%で1時間で死滅。
  • 相対湿度84.3%で育った場合、相対湿度61.8%で16時間、52.9%で8時間、43.2%で1時間で死滅。
  • 相対湿度80.7%で育った場合、相対湿度61.8%で24時間、52.9%で16時間、43.2%で1時間で死滅。
  • 相対湿度75.3%で育った場合、相対湿度61.8%で死滅せず、52.9%で16時間、43.2%で3時間で死滅。
  • 相対湿度70.8%で育った場合、相対湿度61.8%で死滅せず、52.9%で24時間、43.2%で3時間で死滅。

(相対湿度75.3%では発芽するのに1週間、70.8%では発芽するのに1ヶ月かかります。)

日立も三菱電機もダイキンもこのデータをもとにしています。私の所での今までの調査では、室内に多い好乾性カビは全て、相対湿度低減で菌糸が死滅しました。

出典)カビの死滅条件について|NPO生活環境協会

カビ対策マニュアル 基礎編-文部科学省

出典)1.カビとは|文部科学省

※上の表のAwとは相対湿度(一般的に使われている湿度)のことです。例えば、Awが0.65というのは、相対湿度が65%ということ。

少しわかりにくいかもしれませんが、要するにカビが死滅する(生育できない)ための要素は、

  1. 湿度を低く保つこと
  2. 低湿度時間を長くすること

が重要ということになります。

例えば、ダイキン製のエアコンの機能として搭載されている内部クリーン機能(カビやニオイを抑制するために、エアコン内部を乾燥させる機能)では、冷房運転や除湿運転などの後に、約1.5~2時間ほどの送風運転が自動的に行われるように設計されています。

内部クリーン運転とは? I ダイキン工業株式会社

出典)内部クリーン運転とは?|DAIKIN

これらのことから分かる通り、冷房や除湿の後に送風運転を2~3時間ほど入れるというのがカビを死滅させるのに効果的であることが分かります。

冷房や除湿動作時はエアコン内部が冷えるため、必ず水分が発生し、カビが生育しやすい環境になってしまいますが、エアコン動作後に毎回送風運転を行い、エアコン内のカビを死滅させることができます。

また、それを続けて行くことで、カビの種である胞子の量も徐々に少なくなっていきます。

我が家の場合、例えば、夜中に冷房を使わないリビングのエアコンは夜中から次の冷房の時までずっと風量弱の送風運転をしています。

逆に寝室の場合、夜中にエアコンをつけるため、朝~夜に冷房をつけるまでは送風運転を行います。

こんな感じでエアコンは24時間冷房運転をさせておくのではなく、一日に1回は3時間以上送風運転をやってあげることで、エアコン内のカビを死滅させ、エアコンから吹き出されるカビ菌の量を低減することができます。

最後に一言

今回は、【エアコンのカビ】長引く咳の原因と具体的な対策方法についてお話しました。

長引く風邪の原因が分かるまでは1年以上時間がかかってしまいましたが、エアコンのカビが原因かも・・・と気がついて対策を始めてからは、1週間ほどであれだけ厄介だった子供たちの症状がすーっと収まりました。

エアコンの送風運転は扇風機などとほぼ同じレベルの電気代しかかかりませんので、夜中の半日つけっぱなしにしておいても、電気代はほとんどかかりません。

是非参考にしてみてください。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました