【洗浄スプレー】エアコンフィンのカビ汚れを自分で掃除する方法(初級編)

洗浄スプレーを使ったエアコンフィンの具体的な洗浄方法

ここからは、洗浄スプレーを使ったエアコンフィンの具体的な洗浄方法についてお話していきます。

【STEP1】エアコンのコンセントを抜く

まずはじめに、エアコンのコンセントを抜いていきます。

家庭用のエアコンの場合、室外機には電源コードは存在せず、室内機側のコンセントを抜けばエアコンの電気を遮断することが出来ます。

エアコン掃除の前にエアコンのコンセントを抜く

【STEP2】エアコンフィルターを取り外す

次に本体前面のカバーパネルを開き、エアコンフィルターを取り外していきます。

エアコンの前面パネルを開く

エアコンフィルターを取り外す

エアコン掃除で取り外したフィルター

エアコンの前面パネルを開く

エアコンの前面カバーパネルはパネルの付け根部分のストッパーを手前に引っ張るなどして、パネルを開いたまま上方に持ち上げれば取り外すことが出来ます。

エアコン前面パネルのストッパー

エアコンの前面カバーパネルのストッパーを外した

前面カバーパネルを取り外したエアコン

【STEP3】洗浄スプレーを吹きかける

ここからはいよいよ洗浄スプレーを使ってフィンを洗浄していきます。

本体カバーの隙間からアルミフィンに向かって洗浄スプレーを吹きかけながら、カビ汚れを落としていきます。

エアコン洗浄スプレーを吹き付ける

エアコン洗浄スプレーで汚れが落ちたアルミフィン

実際にやってみてもらうと分かりますが、洗浄スプレーでもなかなかいい感じでフィンのカビ汚れを落としていくことができます。

洗浄スプレーを使う際の注意点は、熱交換器のフィン部以外のところに洗浄液がかからないようにするということぐらいです。

フィンにかかった洗浄液はエアコンのドレンパンに流れ落ち、ドレンホースの中を通って室外に排出されます。

ドレンホースから廃液が出てくる

実際にドレンホースからはこのような感じで汚れを含んだ洗浄液が排出されました。

ドレンホースから出たエアコン洗浄スプレーの汚水

エアコン洗浄スプレーの汚水

エアコン洗浄で出てきた汚水の中には、カビ汚れ(黒っぽいもの)や細かなホコリ等(写真では分からないぐらい小さなもの)がたくさん入っていました。

エアコン吹き出し口から洗浄液は垂れてこない

洗浄スプレーによるフィンクリーニングであれば、ドレンホースから排出されるので吹き出し口など垂れてくることもありません。

クリーニング業者がやるようなビニール袋などでエアコン周りが汚れないように養生する必要はありませんので、素人でも簡単にクリーニングすることができます。

【STEP4】エアコンを乾燥させる

洗浄スプレー仕様後はエアコンOFFのまま10分ほど洗浄液が排出されるのを待ちましょう。

その後は、本体前面カバーやフィルターをもとに戻せば、すぐに冷房運転をすることができます。

ちょっと注意しておきたいことは、洗浄スプレー使用後の初運転の際、2~3滴ほど送風ファンから洗浄液の残りが飛んで来てびっくりすることがあります。

ですが、二度目以降はそのようなことはなくなりますので、安心してください。

なお、エアコンクリーニング後、しばらくエアコンを使わない場合は、送風運転(空気清浄運転などでもOK)を2~3時間ほど行い、エアコン内部をしっかりと乾かしておくことをお忘れなく。

次のページでは、エアコン洗浄スプレーによるフィン掃除のメリット、デメリットについてお話していきます。





タイトルとURLをコピーしました