【DIYエアコン掃除】加圧ポンプを使ってエアコン内部まで丸洗いする方法

エアコンを丸洗いクリーニング

毎年エアコンを使い始める時期になると気になるのが、エアコンから出てくる風のニオイや、アルミフィンやファンに付いているカビ汚れです。

一般的には専門業者にエアコンクリーニング(お掃除機能なしのエアコンで1万円~)をお願いすると思いますが、家にエアコンが何台もある場合は大きな出費になってしまいます。

ここで知っておいてほしいことは、エアコンクリーニングはやり方や洗剤の選び方を間違えなければ、自分でもなんとかできるものだということです。

ただ、そうはいっても実際にどうやってエアコンを分解して掃除していけばいいのか、またどういった道具を揃えればいいのかなど、わからないことばかりだと思います。

そこで今回は、約3000円程度で買える掃除道具があれば、約1~2時間ぐらいでエアコンを内部(アルミフィン部、送風ファン部)まで丸洗いすることができるDIYクリーニングの具体的な方法について、ステップ毎に写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

エアコンのDIYクリーニングに必要なものについて

まずはじめに、エアコンのDIYクリーニングに必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】加圧式の噴霧スプレー

エアコン掃除の洗剤噴霧で使う加圧式のポンプ

エアコン掃除はお湯やお湯に洗剤を溶かして上記のような加圧式の噴霧スプレーでエアコン内部に噴射して掃除していきます。

この加圧式の噴霧スプレーは、上部についているレバーを上げ下げするとタンクの中に空気が送り込まれて加圧されます。

エアコンを丸洗いクリーニング

あとはレバーを引いてやれば長い間、勢いよく薬液を噴霧し続けることができます。

このスプレーは、洗剤を吹き付けるだけではなく、洗剤や汚れを洗い流すすすぎの工程でも使います。

このような加圧式の噴霧器はホームセンターのガーデンコーナーやネットショップなどで1000~1500円で購入することができます。 

>>【エアコンクリーニング】エアコン洗浄ポンプの使い方と安価な代用品まとめ

【必要なものその2】洗剤

エアコンのアルミフィン洗浄で使う洗剤は、台所用の中性洗剤(液体のものでOK)が安くて使いやすいと思います。

特に今回の場合は、加圧ポンプでお湯を使ったすすぎ工程までしっかりと行うことができますので、洗剤が残ってカビの栄養になってしまうこともありません。

具体的なエアコン洗浄で使える具体的な洗剤については、こちらの記事が参考になると思います。

>>【カビ取り】DIYエアコン掃除に使える洗剤まとめ

【必要なものその3】エアコン掃除用の専用カバー

エアコン掃除で使うクリーニング専用カバー

エアコン掃除をするときに水や洗剤が飛び散らないようにするのが、エアコン掃除用のカバーです。

私が使っているのはネットショップで1500円ぐらいで購入したものですが、もう10回近く使っているのですが、まだまだ現役です。

カバーの下には排水ホースを取り付けられるようになっていて、こんな感じで廃液をバケツなどに集めることができます。

エアコン掃除のクリーニングカバーを取り付けたところ

初めの頃はこのようなカバーをゴミ袋で手作りしていたのですが、専用カバーを購入したほうが取り付けに時間がかかりませんし、何より部屋を水浸しにしてしまう確率が格段に減ります。

これからも自分でエアコン掃除をやっていくつもりであれば、このような専用カバーを購入しておいたほうがいいと思います。

【必要なものその4】脚立や椅子など

エアコン掃除で使った脚立

エアコンは室内の高い位置に付いている場合がほとんどです。

エアコン掃除の作業がやりやすくなるように 脚立や椅子などを準備しておきましょう。

【必要なものその5】バケツ

エアコン掃除で出てきた廃液カビ

エアコン掃除で出た廃液のほとんどは元々エアコンに付いているドレンホースから室外に排出されていきますが、一部の廃液はエアコンに取り付けたカバーからホースを伝わって出てきます。

廃液を受けるためのバケツなどが必要になってきますので、準備しておきましょう。

【必要なものその6】プラスドライバー

エアコン本体カバーを外すために使うドライバー

エアコンの本体カバーを取り外す際に、ネジを2~3本ほど取り外す必要があります。

普通の大きさのものでOKですので、プラスドライバー(100円均一などで購入可能)を準備しておきましょう。

【必要なものその7】雑巾と養生テープ、ビニール袋など

雑巾とビニールテープ

雑巾や養生テープ、ビニール袋はエアコンの電装部分に水がかからないようにするためのカバーとして使っていきます。

電装部品をビニール袋で覆う

使い古しのものでOKですので、準備しておきましょう。

次のページからは、具体的なエアコン掃除の方法についてお話していきます。





タイトルとURLをコピーしました