【DIYエアコン掃除】加圧ポンプを使ってエアコン内部まで丸洗いする方法

エアコンを丸洗いクリーニング

毎年エアコンを使い始める時期になると気になるのが、エアコンから出てくる風のニオイや、アルミフィンやファンに付いているカビ汚れです。

一般的には専門業者にエアコンクリーニング(お掃除機能なしのエアコンで1万円~)をお願いすると思いますが、家にエアコンが何台もある場合は大きな出費になってしまいます。

ここで知っておいてほしいことは、エアコンクリーニングはやり方や洗剤の選び方を間違えなければ、自分でもなんとかできるものだということです。

ただ、そうはいっても実際にどうやってエアコンを分解して掃除していけばいいのか、またどういった道具を揃えればいいのかなど、わからないことばかりだと思います。

そこで今回は、約3000円程度で買える掃除道具があれば、約1~2時間ぐらいでエアコンを内部(アルミフィン部、送風ファン部)まで丸洗いすることができるDIYクリーニングの具体的な方法について、ステップ毎に写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

エアコンのDIYクリーニングに必要なものについて

まずはじめに、エアコンのDIYクリーニングに必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】加圧式の噴霧スプレー

エアコン掃除の洗剤噴霧で使う加圧式のポンプ

エアコン掃除はお湯やお湯に洗剤を溶かして上記のような加圧式の噴霧スプレーでエアコン内部に噴射して掃除していきます。

この加圧式の噴霧スプレーは、上部についているレバーを上げ下げするとタンクの中に空気が送り込まれて加圧されます。

エアコンを丸洗いクリーニング

あとはレバーを引いてやれば長い間、勢いよく薬液を噴霧し続けることができます。

このスプレーは、洗剤を吹き付けるだけではなく、洗剤や汚れを洗い流すすすぎの工程でも使います。

このような加圧式の噴霧器はホームセンターのガーデンコーナーやネットショップなどで1000~1500円で購入することができます。 

>>【エアコンクリーニング】エアコン洗浄ポンプの使い方と安価な代用品まとめ

【必要なものその2】洗剤

エアコンのアルミフィン洗浄で使う洗剤は、台所用の中性洗剤(液体のものでOK)が安くて使いやすいと思います。

特に今回の場合は、加圧ポンプでお湯を使ったすすぎ工程までしっかりと行うことができますので、洗剤が残ってカビの栄養になってしまうこともありません。

具体的なエアコン洗浄で使える具体的な洗剤については、こちらの記事が参考になると思います。

>>【カビ取り】DIYエアコン掃除に使える洗剤まとめ

【必要なものその3】エアコン掃除用の専用カバー

エアコン掃除で使うクリーニング専用カバー

エアコン掃除をするときに水や洗剤が飛び散らないようにするのが、エアコン掃除用のカバーです。

私が使っているのはネットショップで1500円ぐらいで購入したものですが、もう10回近く使っているのですが、まだまだ現役です。

カバーの下には排水ホースを取り付けられるようになっていて、こんな感じで廃液をバケツなどに集めることができます。

エアコン掃除のクリーニングカバーを取り付けたところ

初めの頃はこのようなカバーをゴミ袋で手作りしていたのですが、専用カバーを購入したほうが取り付けに時間がかかりませんし、何より部屋を水浸しにしてしまう確率が格段に減ります。

これからも自分でエアコン掃除をやっていくつもりであれば、このような専用カバーを購入しておいたほうがいいと思います。

【必要なものその4】脚立や椅子など

エアコン掃除で使った脚立

エアコンは室内の高い位置に付いている場合がほとんどです。

エアコン掃除の作業がやりやすくなるように 脚立や椅子などを準備しておきましょう。

【必要なものその5】バケツ

エアコン掃除で出てきた廃液カビ

エアコン掃除で出た廃液のほとんどは元々エアコンに付いているドレンホースから室外に排出されていきますが、一部の廃液はエアコンに取り付けたカバーからホースを伝わって出てきます。

廃液を受けるためのバケツなどが必要になってきますので、準備しておきましょう。

【必要なものその6】プラスドライバー

エアコン本体カバーを外すために使うドライバー

エアコンの本体カバーを取り外す際に、ネジを2~3本ほど取り外す必要があります。

普通の大きさのものでOKですので、プラスドライバー(100円均一などで購入可能)を準備しておきましょう。

【必要なものその7】雑巾と養生テープ、ビニール袋など

雑巾とビニールテープ

雑巾や養生テープ、ビニール袋はエアコンの電装部分に水がかからないようにするためのカバーとして使っていきます。

電装部品をビニール袋で覆う

使い古しのものでOKですので、準備しておきましょう。

エアコンの具体的なクリーニング方法

ここからは、エアコンの具体的なクリーニング方法についてお話していきます。

※この記事では一般的な家庭用エアコンのDIYクリーニング方法を紹介しますが、あくまでも参考程度にご覧ください。なお、DIY洗浄のデメリットは感電の危険や故障の可能性などがあることであり、少しでも不安がある場合はプロに任せるようにしてください。実施される場合は自己責任でお願いします。

なお、エアコンの分解するのが難しい場合は、洗浄スプレーや隙間ブラシなどを使って部位ごとに掃除していく簡単な方法もありますので、ご参考まで。

>>初心者向けの洗浄スプレーや隙間ブラシを使ったエアコン掃除のやり方

【STEP1】エアコンのコンセントを抜く

掃除する前のエアコン

今回掃除するのはこの寝室で使っているエアコンです。

夏場の夜しか使っていないので、そんなに汚れていないのではと思っていたのですが、吹出口を覗いてみるとこんな感じでカビがいっぱい生えていました・・・。

エアコンの吹出口の中のカビ

ここから吹き出された空気を吸って寝ていたと思うとゾッとしてしまいますね。

エアコンの汚れ具合を確認できたところで、エアコンの電源をOFFして、コンセントを抜いていきます。

エアコン掃除前には電源コンセントを抜く

【STEP2】エアコンの前面カバー、フィルターを外す

次は、エアコンの前面カバーを取り外します。

前面カバーを外すために端っこを持つ

エアコンの前面カバーの端の方を持ち、手前側に引っ張れば前面カバーを開くことができます。

前面パネルが開いてエアコンフィルターが見える

このエアコンの場合、前面カバーの付け根部分を持って手前に引っ張れば、前面カバーを取り外すことができます。

前面パネルの付け根を引っ張って外す
外れたエアコンの前面パネル

次に、エアコンフィルターを取り外していきます。

エアコンフィルターを持つ

エアコンフィルターは、持ちての部分を持って手前に引っ張れば簡単に取り外すことができます。

取り外したエアコンフィルター

ここまで来ると、エアコン内部のアルミフィンの部分の汚れ具合も確認することができるようになります。

エアコンのアルミフィン部分についた汚れホコリ
エアコンのアルミフィンのホコリ汚れ

目に見える範囲だけでも、アルミフィンの表面にはホコリがたくさんついてしまっていますね。

【STE3】エアコンのルーバーを取り外す

次に、エアコン送風口のルーバーを取り外していきます。

ルーバーを固定している部品

このエアコンの場合、ルーバーの左端がこのような感じで樹脂製の爪に引っ掛けて合ったため、ラジオペンチなどを使って爪からルーバーを取り外します。

ラジオペンチでルーバー固定部品の爪を外す

部品を壊してしまわないように、適度な力加減を加えながら、ルーバーを右側に引っ張っていきます。

この部分の爪が外れたら、中央部にある引っ掛けも取り外せるようになります。

ルーバーの真ん中の取付部
ルーバーの真ん中の取付部を外したところ

後はルーバーの右側はただはめ込まれていただけでしたので、手前側に引きだしてやればルーバーを取り外すことができます。

取り外したエアコンルーバー

【STE4】エアコンの本体カバーを取り外す

次はエアコンの本体カバーを取り外していきます。

本体カバーのネジが隠れている

このエアコンの場合、エアコンカバーのネジはカバーで隠れていました。

エアコンの本体カバーのネジ

このネジをプラスドライバーで取り外していきます。

プラスドライバーでエアコン本体カバーのネジを外す

反対側にも同じような場所にネジがありますので、そちらの方も外していきましょう。

反対側にある本体カバーのネジ

これでエアコンの本体カバーを固定しているネジは取り外すことができましたので、まずは本体カバーの下側を手前に引っ張ってみます。

エアコンの本体カバーの下を手前に引っ張る

そして、カバーの上部後方を上に持ち上げながら手前に引っ張ってやれば、エアコンの本体カバーを取り外すことができます。

取り外したエアコンの本体カバー
エアコンの本体カバーを取り外したところ

本体カバーを外すと、そのカバーで隠れて見えていなかったところの汚れも見えるようになりました。

エアコンの本体カバーで隠れていた部分のカビ汚れ

熱交換器の端の方はホコリが積もっているような感じで、カビも生えているようでした。

今回はこの当たりの汚れもちゃんと丸洗いして行きたいと思います。

【STEP5】アルミフィンに付いたホコリを掃除機で吸い取る

まず、アルミフィンの表面に積もっているホコリを掃除機で取れる分だけ吸い取って取り除いていきましょう。

掃除機でエアコンのフィンのホコリを吸う

この時の注意点として、エアコンを使った直後だとアルミフィン部分に露がたくさん付いてしまっていて、水分も一緒に掃除機に吸い込まれてしまうことがあります。

万が一、その水を掃除機が吸い込んでしまった場合、掃除機が故障することもありますので、十分にフィンの水分がなくなってから掃除機を使うか、またはこの工程を飛ばして作業を進めていってください。

【STEP6】カバーを取り付ける

ここからは本格的なエアコンクリーニングを行う前の養生作業を行っていきます。

まず、右側についているエアコンの電装部品があるところに雑巾を乗せ、テープで固定していきます。

エアコンの電装部品
エアコンの電装部品似雑巾を取り付ける

そして、その上からビニール袋を被せ、テープで固定し、電装部品に水がかからないようにしていきます。

エアコンの電装部品に水がかからないようにするためのビニール袋のカバー

この部分がエアコン掃除のいちばん大切なところですので、電装部品には水がかからないようにしっかりと養生していってください。

電装部品のカバーが終わったら、今度はエアコン掃除専用のカバーをエアコンに取り付けていきます。

エアコンクリーニング専用のカバー
エアコンクリーニング用のカバーを取り付けたところ

カバーの裏側はゴムが入っていて伸縮します。

壁とエアコンの背面の間にカバーが入るぐらいまでしっかりとカバーを被せていきます。

そして、ピンなどを使ってカバーの上部を掃除がしやすいように固定していきます。

エアコンクリーニングのカバーを固定するためのピン
エアコンのカバーをピンで固定したところ

そして、カバーに付属のホースを取り付け、排水を受けるためのバケツを設置します。

エアコン掃除の準備(カバーの取り付け)が完了

【STEP7】洗剤を作る

次はエアコンクリーニングの洗剤を作っていきます。

水(または50℃ぐらいのお湯)1Lに対してエアコン洗浄用の洗剤(中性洗剤など、キッチン用の液体品でも可)を入れていきます。

加圧スプレーボトルに過炭酸ナトリウムを加える

そして、加圧ボトルの蓋をして、しっかりと撹拌すればエアコン洗浄用の洗剤の完成です。

過炭酸ナトリウムのボトルに蓋をする

【STEP8】洗浄液をエアコンに噴霧する

洗剤の準備ができたらいよいよエアコンに洗浄液を噴霧していきます。

エアコンを丸洗いクリーニング

初めはエアコンのアルミフィン部分にたっぷりと洗浄液を吹き付けていきましょう。

右側の電装部品の部分にはカバーをかけてありますが、万が一のこともありますので、なるべく水がかからないように作業を進めていきましょう。

次に、エアコンの吹出口の中にあるフィン部分にも洗浄液を吹きかけていきます。

エアコンの吹出口とファンに洗浄液を吹きかける

カビはしっかりとこびりついていることが多いので、洗浄液を吹きかけたら10~20分ぐらい放置しましょう。

このような感じで洗浄液の吹きかけを2~3回ほど行っていくとカビ汚れがどんどん浮き上がって取れてきます。

本当に驚いてしまいますが、こんな感じで真っ黒い廃液が出てきます。

こんなに汚れていたエアコンを使っていたなんて考えると、ゾッとしてしまいますね・・・。

あとは、水またはぬるま湯でフィン部分やファンの部分を噴霧スプレーして、洗浄液や汚れを洗い流していきます。

エアコン掃除でいちばん大切なのがこのすすぎの工程で、汚れが出てこなくなるまでしっかりとすすぎを繰り返していきましょう。

【STEP9】エアコン本体カバーやフィルターなどを水洗いする

次は、エアコンの本体カバーやルーバー、フィルターなどをクリーニングしていきます。

こちらは普通にスポンジと食器用の中性洗剤を使って水洗いしてやれば、汚れをキレイに取り除くことができます。

きれいに洗ったら、水気を拭き取り、天日干しして乾燥させましょう。

【STEP10】エアコンを元通りに組み立てる

ここまできたらエアコン掃除のカバーを取り外し、吹出口の周りの水気をタオルなどで拭き取っていきます。

そして、エアコンを分解したときと逆の手順で元通り組み立てましょう。

その後、送風運転を行い、フィンに付いた水気を一気に飛ばしていきます。

この際、水滴がバーっと吹出口から出てきますので、タオルなどを吹出口に取り付けてガードするのいいでしょう。

バスタオルで水滴を受け止める

【STEP11】エアコンを乾燥させる

エアコン掃除をした後、しばらくエアコンを動かさないような場合、エアコン内部の水気を完全に乾燥させて置く必要があります。

送風運転か暖房運転などを半日ほど行い、エアコン内部に残っている水分が完全になくしておきましょう。

こうすることによって、保管中のエアコン内部のカビの発生を防ぐことができます。

>>【エアコンカビ予防対策】送風運転で内部を徹底乾燥

エアコンクリーニングの後、その日のうちにエアコンをまた使うような場合はそのまま普通にエアコンを使っていってOKです。

お疲れさまでした。

これでDIYエアコンクリーニングは完了です。

DIYエアコン掃除のメリットデメリット

ここからは、このDIYエアコン掃除のメリット・デメリットについてお話していきます。

【メリットその1】自分でエアコン室内機を丸ごと洗える

エアコンを丸洗いクリーニング

今回紹介した掃除方法は、本体カバーを外すレベルの簡単な分解だけで、アルミフィン熱交換器や送風ファン、その他カバー類を一度に全部キレイに洗浄することができます。

【メリットその2】洗剤やお湯が使える

別の記事で紹介している散水ノズルでエアコンを水洗いする方法では、洗剤やお湯を使って掃除することができませんでした。

ですが、この方法であれば、エアコン業者が使っているエアコン洗浄機のように、洗剤やお湯を加圧ボトルに入れて使うことができます。

水道水だけでは落とせない頑固なカビ汚れも、洗剤やお湯の力を使って落とすことができます。

【メリットその3】エアコンの風のニオイがかなり減る

アルミフィン熱交換器や送風ファンがきれいになると、そこを通って出てくるエアコンの風が以前より格段に臭わなくなります。

【メリットその4】風量が上がる(冷暖房効率が上がる)

エアコンのファン部分についたカビを掃除

掃除してきれいになったエアコンの吹出口

アルミフィンや送風ファンに付いていた汚れが落ちたため、新品時のようにスムーズに風が送り出されるようになります。

エアコンは室内機の風量が大きくなるほど冷暖房効率も上がっていきますので、エアコン掃除することで電気代も安くなります。

【メリットその5】音が静かになる

送風ファンに汚れがたくさんついていると、ファンの回転重心がずれてしまい、ファンが回転する際に発生する振動などで音がうるさくなってしまっています。

また、送風ファンやアルミフィンが汚れで詰まっている場合、新品時よりもエアコンの風量設定を強い設定(送風ファンを高速に回転させる設定)にしなければならなるため、ファンの回転音が大きくなります。

エアコン内部に固着していた汚れが取れると送風ファンがスムーズに回転するようになり、かつ低回転で十分に風を送り出せるようになるため、エアコン室内機の運転音が静かになります。

【メリットその6】除湿効率が上がる

エアコンアルミフィンの頑固なカビ汚れ

エアコンのアルミフィンが汚れていると、冷房運転や除湿運転でついた露が下のドレンパンに流れていかず、そのままアルミフィン部に留まってしまいます。

アルミフィン部の表面が清潔に保たれていると、フィン表面についた水分がスムーズに下に流れ落ちるため、スムーズにドレンパン、ドレンホースを通って室外に排出されるようになります。

冷却フィンとドレン皿、ドレンホースのイメージ図

特に梅雨や蒸し暑い夏の時期などはエアコン除湿を多用する事が多いですので、アルミフィンを洗浄スプレーで掃除することで除湿効果を高める(新品時に近づける)事ができます。

【デメリットその1】ある程度のDIYスキルが必要

エアコンの本体カバーを外した状態

この掃除方法はエアコン本体カバーなどを取り外して専用の洗浄カバーを行う方法なので、こういった作業が苦手な人にはあまり向かない掃除方法になります。

そのような場合は、エアコンクリーニング業者に依頼するか、エアコンをほとんど分解することのない以下で紹介している掃除方法を検討してみてください。

>>初心者向けのエアコン掃除方法まとめ

【デメリットその2】暑くてカビ臭いし、疲れる

エアコンを分解したり、手動の加圧ポンプでエアコンを洗浄している最中は、エアコンを止めての作業になるため、部屋がものすごく暑くて、更にカビなどの生臭いニオイもかなりしてきます。

また、初めてこの作業をする場合は2~3時間ぐらいはかかってしまいますし、暑い部屋で行う慣れない作業なのでとても疲れると思います。

【デメリットその3】ドレンパンの汚れまでは落とせない

取り外したエアコンのドレンパンと送風ファン

エアコン送風ファンの下側にアルミフィンから出る露を受け止めるためのドレンパンという部品があります。

エアコンのドレンパンに発生するカビ

今回の掃除方法ではこのドレンパンに発生したカビ汚れを落とすことはできません。

こういったドレンパンまでキレイにしたい場合は、エアコンを分解して掃除していく必要があります。

>>カビだらけのエアコン送風ファンを自分で分解掃除する方法

【デメリットその4】故障して動かなくなるリスクがある

エアコン掃除には、エアコン故障のリスクがあります。

自分でエアコン掃除するということは、それが原因でエアコンが故障して動かなくなっても自己責任になることを承知の上で行う必要があります。

経験上、エアコン掃除でエアコンが壊れたことはありませんが、エアコン故障が不安な場合は業者に依頼したほうが安心できると思います。

最後に一言

今回は、【DIYエアコン掃除】加圧ポンプでエアコン内部まで丸洗いする方法についてお話しました。

ホームセンターに売られている加圧ポンプを使えば、エアコン内部のカビ汚れまでしっかりと丸洗いすることができます。

エアコン本体カバーを外したり、エアコン掃除専用のカバーを使ったり、電源部分に養生するなど、少し手間がかかりますが、頑張れば自分だけでエアコンクリーニングすることができます。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました