【徹底洗浄】エアコンを自分で分解クリーニングする方法

エアコンのアルミ熱交換は裏側にもある

最近エアコンがくさいなぁと思って、フィルターの掃除をしてみました。

すると、アルミフィンや吹き出し口の奥にある送風ファンに大量のカビがついているのを発見・・・。

クーラーのファン(シロッコファン、ラインファン)や露を受けるためのドレンパンなどに発生したカビを徹底的に掃除するには、分解してパーツ毎に洗浄しなければなりません。

でも、大手のクリーニング業者に依頼すると1.5~3万円ほどの出費になってしまいます。

どうにか自分で徹底的にエアコン内部をキレイにすることは出来ないものか?

いろいろ考えた結果、エアコンを分解して送風ファンやドレンパンを取外し、パーツ毎にじゃぶじゃぶ水洗いすることで、エアコン掃除をすることができました。

高圧洗浄機でエアコンファンを水洗い分解掃除

エアコン掃除洗浄後の送風ファンはキレイ

このエアコン掃除を行う際の準備ポイントとしては、ホームセンターで売られているエアコン洗浄スプレーでアルミフィンの洗浄を事前に終わらせておくということです。

エアコン洗浄スプレーを吹き付ける

作業の流れを追っていくと分かりますが、事前にアルミ熱交換器の洗浄を事前に行っておけば、準備すべき道具が少なくなり、クリーニング作業もかなり楽になります。

今回は、そんなエアコン内部の汚れを徹底的にキレイにする分解クリーニングの方法や、DIYクリーニングのメリット・デメリットについて、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

エアコンの分解クリーニングに必要な物について

まずはじめに、エアコンの分解クリーニングをするために必要な物についてお話していきます。

【必要な物その1】脚立

エアコンの分解クリーニングで必要な脚立

壁の高いところについているエアコンを分解するために、脚立を準備しておきましょう。

その他に、汚れてもいい椅子や机など、体重を支えられるぐらいガッチリとしたものであれば、脚立の代わりに使ってもOKです。

【必要な物その2】プラスドライバーとマイナスドライバー

エアコン本体電源カバーを外す

基本的に、エアコンの分解はプラスドライバーとマイナスドライバーだけで行うことが出来ます。

マイナスドライバーは、クーラーの電源配線を抜き取る際に、このような形で配線を固定している爪を押し緩める際に使います。

エアコン配線を抜くためのマイナスドライバー

【必要な物その3】ビニール袋

エアコンの電装品を水から守るためのビニール袋

エアコンを分解して水洗いする際に、電装品に水がかからないようにビニール袋などを被せます。

2~3枚ほどあれば十分ですので準備しておいてください。

【必要な物その4】カビ落とし道具

分解したエアコンパーツのカビは家庭用の中性洗剤とスポンジ(細長いタイプのものもあると便利)などを使って、水道水でじゃぶじゃぶ水洗いすればきれいになります。

本体カバーをスポンジで洗う

メラニンスポンジなどは表面に小さな傷を作ってしまい、そこにカビが生えるようになってしまいますので、研磨剤の入っていない食器を洗うためのスポンジを用意しておきましょう。

ちなみに、高圧洗浄機を利用する場合は水圧でカビを落とすことが出来ますので、その場合は洗剤やスポンジなどを用意しなくてもOKです。

高圧洗浄機でエアコンファンを水洗い分解掃除

【必要な物その5】養生シートとバケツ(必要な場合のみ)

室内機のアルミフィン(熱交換器)は冷媒配管を分解しなければ取り外すことができませんので、以下のように壁に取り付けられた状態で洗浄する必要があります。

エアコンのアルミフィン汚れを落とすための養生シートの取り付け

その際に洗剤やすすぎで使うお湯などが周りに飛び散らないようにするための養生シートや廃液を受け止めるためのバケツが必要です。

養生シートは、ホームセンターなどで300円ぐらいで購入することができます。

エアコンは壁の高いところに付いていますので、フィルムの縦幅が長いタイプのものを購入しておくと便利です。

【必要な物その6】園芸用スプレー(必要な場合のみ)

クーラーの熱交換器に付いた頑固なカビ汚れは、ホームセンターに売られているような洗浄スプレーでは汚れを落とすことができません。

クリーニング業者の場合、以下のような専用の電動工具スプレー(4~5万円)を使って熱交換器の汚れ落とし(お湯などによるすすぎ)を行います。

エアコン洗浄機の使い方

>>エアコン洗浄ポンプの具体的な使い方

すすぎで使われる水量は約10L前後の事が多く、当たり前ではありますが、すすぎのために使われる水が多ければ多いほど、しっかりとカビを除去することができます。

なにか安くていいものがないか探していると、ホームセンターの園芸コーナーなどに置かれている手動加圧式のスプレーであれば、1000~1500円でなかなかの水圧&水量ですすぎができることがわかりました。

エアコンの熱交換器の洗浄に便利な園芸用スプレー

このように熱交換器のアルミフィンが黒ずむほどしっかりとカビ汚れが付いてしまっている場合は、一般的なスプレー缶タイプのものではなく、このようなある程度の水圧をかけられ、かつ大量の水を散布できる洗浄道具も準備しておくといいと思います。

以上がエアコンのDIY掃除に必要な道具となります。

ちなみに、事前にホームセンターで売られているエアコン洗浄スプレーを使ってアルミフィン部分を洗浄しておく場合、上記の5~6(養生シートやバケツ、加圧ポンプ)は不要となります。

次のページでは、具体的なエアコンのファンやドレンパンの分解掃除の方法についてお話していきます。





タイトルとURLをコピーしました