【暖房がくさい】エアコンにカビが生える原因と対処法

暖房時のカビ臭いの対処法

ここまでお話するとだんだん分かってくるのではないかと思いますが、暖房時のカビ臭をなくすためには、エアコン内部に溜まっているカビの死骸などの汚れを除去するのが効果的です。

エアコンアルミフィンの頑固なカビ汚れ

エアコンの送風路に生えたカビ

送風ファンだけではなく周りにもカビが付いている

上記の写真は、自分でエアコンを分解洗浄した時のものですが、カビはフィン部だけではなく、風が通る部分の壁面や送風ファンにもびっしり生えてしまっています。

フィン部の汚れは洗浄スプレーで掃除することが出来ますが、それ以外のところに発生したものについては、分解洗浄でないと除去できません。

逆に、頑張って分解洗浄してしまえば、またあの新品時のようなカビ臭が全くしないエアコンの風を取り戻すことが出来ますよ。

最後に一言

今回は、【暖房がくさい】エアコンにカビが生える原因と対処法についてお話しました。

暖房時にカビ臭がするということは、数年かけてエアコン内部にかなりのカビが発生してしまっているという状態であることがほとんどです。

この状況を改善するためには、エアコンクリーニングを本気で検討したほうがいいのではないかと思います。

というのも、この暖房時は霜取り運転直後だけが臭うという状況ですが、来シーズンの冷房運転中、ずっとカビ臭が発生することになる可能性が高いからです。

業者に依頼する場合、冬場のほうが予約が混雑していないですので、今のうちにお願いするといいでしょう。

私の場合は、クリーニング費用がもったいなかったので、自分でエアコンを分解して掃除しました。

その時の様子はこちらの記事にまとめてありますので、ご参考まで。

>>【徹底洗浄】エアコンを自分で分解クリーニングする方法

それでは!





タイトルとURLをコピーしました