【ホコリやペットの毛】エアコン室外機の具体的な掃除方法

エアコン室外機の掃除方法

エアコン室外機のアルミフィンの部分が汚れてしまっていると、うまく熱を室外に放出できなくなるため、エアコンの効きが悪くなってきます。

特に、犬や猫を買っているご家庭などで、室外機のアルミフィンの部分にペットの毛がびっしり張り付いてしまっているような場合、エアコンが故障してしまったのではないかと思うぐらい生ぬるい風しか出てこないということもあります。

エアコンクリーニング業者に室外機の洗浄を依頼した場合の相場は約5000円となっています。

ただ、室外機の掃除は分解せずに行えますし、屋外設置が前提で作られているため水をかけてもOKなので、ちょっとした汚れであれば自分でササッときれいにすることができます。

そこで今回は、そんなエアコン室外機の具体的な掃除方法について詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

エアコン室外機掃除に必要なものについて

まずはじめに、エアコン室外機掃除に必要なものについてお話してきます。

【必要なものその1】ブラシ

エアコン室外機の裏側のホコリを取り除くためのブラシ

室外機の裏に溜まったホコリやペットの毛を取り除くためにブラシを使います。

100円ショップなどで売られているものでOKですので準備しておきましょう。

ちなみに、掃除機の先端に付けるブラシを持っている場合はそれで代用することも可能です。

エアコン室外機の掃除方法

【必要なものその2】散水ホースまたはバケツ

エアコン室外機に水をかけて掃除する

室外機の細かな汚れは散水ホースなどで水をジャバジャバかけて落とします。

家に散水ホースがない場合は、バケツに水を汲んできてバシャンとかけるのもOKですので、バケツを用意しておきましょう。

次のページでは、室外機の具体的な掃除方法についてお話していきます。





タイトルとURLをコピーしました