【自分で出来た】カビだらけのエアコンファンを分解掃除する方法

ここからも、引き続きエアコンの電装パーツの取り外しについてお話していきます。

熱交換器周りにはいくつかの温度センサーが付いていますので、それらを外していきましょう。

まずは、熱交換器の上の方についている吸い込み空気の温度を測定するセンサーから。

熱交換器の上部についている吸い込み空気温度センサー

センサーを収めている樹脂パーツの下側を手前側に引っ張れば、こんな感じで取り外すことが出来ます。

次は、エアコンの熱交換器の筒に刺さっている熱交換器の配管温度センサーを外していきます。

エアコンのエバ温度センサー

この温度センサーは、センサーを上に引っ張り出せば簡単に取り外すことが出来ます。

次は、熱交換器と電源ボックスを繋いでいるアース線を取り外していきます。

ここまで出来たら、後は電源BOX本体を取り外していけばOKですので、電源BOXを固定しているネジ(表側、横側)を取り外していきましょう。

電源BOXを固定しているネジを取り外す

電源BOXを横固定しているネジを取り外す

電源BOXを固定しているネジを取り外すことができると、こんな感じで電源BOXが外れます。

室内機の電源BOXが外れたところ

これで一旦は電源BOX周りのパーツ外しは完了です。

次のページでは、送風ファンが固定されているドレンパンを取り外す方法についてお話していきます。





タイトルとURLをコピーしました