【エアコン掃除】前面パネルと本体カバーの取り外し方

エアコン本体カバーを手前に引っ張る

最近エアコンがくさいなぁと思って、フィルターの掃除をしてみました。

すると、アルミフィンの奥の方に大量のカビが生えているのを発見・・・。

洗浄スプレーを使ってキレイにするには、エアコンの前面パネルが邪魔をして細かいところまで不プレーすることができないので、前面パネルや本体カバーを取り外すことにしました。

でも、いざ本体カバーを外そうとすると、なかなかうまく外れずに困ってしまうものです。

そこで今回は、エアコンの前面パネルや本体カバーの外し方について、写真付きで詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

エアコンカバーの具体的な外し方について

ここからは、エアコンカバーの具体的な外し方にしてお話していきます。

ただし、エアコンのDIY洗浄のデメリットは感電の危険や故障の可能性などがあることであり、少しでも不安がある場合はプロに任せるようにしてください。

実施される場合は自己責任でお願いしますね。

【STEP1】エアコンのコンセントを抜く

まずはじめに、クーラーのコンセントを抜いていきます。

家庭用のエアコンの場合、室外機には電源コードは存在せず、室内機側のコンセントを抜けばエアコンの電気を遮断することが出来ます。

エアコン掃除の前にエアコンのコンセントを抜く

また、コンセントのすぐそばにあるアース線(写真の緑色の線、電気は流れていない)もプラスドライバーを使って外しておきましょう。

エアコン掃除の前にアース線を取り外す

エアコンのアース線を取り外したところ

【STEP2】フィルターや前面パネルを取り外す

次に、フィルターや前面パネルを取り外していきます。

まず、カバーパネルを開き、エアコンフィルターを引き抜いて取り外していきましょう。

エアコンの前面パネルを開く

エアコンフィルターを取り外す

今回はエアコンフィルターを掃除した直後だったのでキレイですが、ここにホコリが溜まっている場合は、ササッと掃除機などで吸い取っておくと、ホコリで周りを汚してしまいませんよ。

エアコンの前面カバーパネルは、パネルの付け根部分のストッパーを手前に引っ張り、パネルを開いたまま上方に持ち上げれば取り外すことが出来ます。

エアコンの前面パネルを開く

エアコン前面パネルのストッパー

エアコンの前面カバーパネルのストッパーを外した

エアコンの前面パネルが外れた

【STEP3】ルーバーを外す

次はエアコンの吹出口にある風向きを上下に調節するためのルーバーを取り外していきましょう。

吹出口にあるルーバーを手で開き、真ん中辺りのはめ込んでいる部分を手で上手く外していき、その後ルーバー全体をしならせながら、ルーバーの左側を抜き取ります。

エアコンのルーバーを手で開く

ルーバー中央部の止を外す

ルーバーをしならせながら左側から抜き取る

ルーバーの左側を抜き取ったところ

ルーバーの右側(ギア側)については、ルーバーの抜き取れる角度が決まっていますので、ルーバーを全開とか全閉とかにしてみて抜き取れる場所を探しながら取り外していきましょう。

エアコンのルーバーを手で下げる

エアコンのルーバーを手で閉じる

このルーバーの場合は、全閉の状態で左側にスルッと抜き取ることが出来ました。

エアコンのルーバーがはまっていた穴の形状

ルーバーをはめ込む穴はこんな感じで切り欠きがあり、そこにルーバー側の凸部が挿入されるという仕組みになっていました。

もう一つのルーバーも同様の手順で抜き取っていきましょう。

エアコンのルーバーを取り外したところ

こんな感じで、フィルター、前面パネル、ルーバーを取り外すことが出来ました。

もし、ルーバーを取り外すのが難しそうだと感じた場合、ルーバーを外さずに送風ファンのカビ汚れをキレイにする方法がありますので、こちらを参考にするのがいいと思います。

>>【エアコン送風ファン掃除】洗浄スプレーの使い方とDIYクリーニングのコツ

【STEP4】エアコン本体のカバーを取り外す

ここからは、本体カバーを取り外していきます。

まず、エアコン本体前側にあるネジを外していきましょう。

エアコン本体カバーを止めているビスの場所

右側の方にあるネジを外すと、電源部のカバーを取り外すことが出来ます。

エアコン本体電源カバーを外す

エアコン電源カバーを外しているところ

電源部のカバーで隠されていた右下のネジも取り外していきます。

エアコン電源カバー裏のネジを外す

エアコン本体カバーのネジを外した後

これで本体カバーを取り外すことができるようになりました。

ですが、ここからが本番です。

クーラーの分解掃除の第一関門がこのエアコン本体のカバーの取り外しで、ネジを外した後の取り外しがうまくいかないことが多いので、気を引き締めていってください。

まず、エアコン下側に手を入れ、エアコン本体カバーを手前側にグィッと引っ張ってみましょう。

エアコン本体下側に手を入れて手前に引っ張る

すると、こんな感じでエアコンの下側のカバーが少し手前側に出てきます。

エアコンの本体カバーの下側が外れる

後は、本体カバーの上側のプラスチック製の爪を上手く上に持ち上げながら外しつつ、カバーの下側を引っ張っていけば、ガバッとエアコンカバーを取り外すことが出来ます。

エアコン本体カバーの爪を外しているところ

エアコン本体カバーを手前に引っ張る

初めてエアコン掃除をする場合、このエアコンの本体カバー外しで手間取ることが多いですが、コツを掴めば簡単に外せるようになります。

ちなみに、この機種の場合、エアコンカバーの爪はこのような感じになっていて、下に凸のところで引っかかっています。

エアコンカバーの爪はこんな感じ

この爪を外すイメージで上に引っ張りながら外していけば、簡単にエアコン本体カバーを取り外すことができるようになります。

本体カバーを取り外したエアコン

お疲れ様でした。

これでエアコンの本体カバーの取り外しは完了です。

最後に一言

今回は、【エアコン掃除】前面パネルと本体カバーの取り外し方についてお話しました。

初めて本体カバーの取り外しに挑戦する時はかなり手こずると思いますが、コツが分かってしまえば簡単にはずせるようになります。

本体カバーを取り外したエアコン

この状態であればエアコン洗浄スプレーでアルミフィンをしっかりとキレイにすることができます。

この他に、エアコン洗浄カバーや手動加圧ポンプなどがあれば、洗浄スプレーで汚れをふやかした後にお湯などでしっかりと汚れをすすいだりすることもできます。

エアコンを丸洗いクリーニング

>>エアコン洗浄ポンプの使い方と安価な代用品まとめ

>>洗浄カバーの具体的な使い方

>>DIYエアコン掃除に使える洗剤まとめ

ただ、本体カバーを外すとクーラーのファン部分の状態がよく見えるようになるのですが、もうほんとうにびっくりするぐらいカビが生えてしまっています・・・。

このエアコンのファンをキレイに掃除するためには、更にエアコンを分解していく必要があります。

具体的なファンの清掃方法はこちらにまとめてありますので、是非参考にしてみてください。

>>【すきまブラシ】エアコン送風ファンのカビ汚れを掃除する方法

>>【自分で出来た】カビだらけのエアコン送風ファンを分解掃除する方法

それでは!

タイトルとURLをコピーしました