Q.エアコン掃除にカビキラー(カビ取りハイター)は使えますか?

A.アルミフィン部以外の箇所には使えます。

浴室などのカビ取りによく使われているカビキラーは、アルミフィン部除く箇所で使っていくことができます。

例えば、エアコンフィルターや取外した本体カバーやルーバーなどのカビ取りや漂白には効果的です。

エアコンフィルターのカビ取りにカビキラー

具体的な使い方としては、カビキラーをフィルターなどにまんべんなく吹きかけ、そのまま5分ほど放置しておきます。

その後、シャワーなどたっぷりの流水で流してあげれば頑固なカビ汚れもしっかりと落とすことができます。

ちなみに、カビキラーをアルミフィン部に使わないほうがいい理由は、カビキラーが金属にかかって有毒な成分が出てくるためではなく、強アルカリ性のカビキラーがアルミにかかってしまうとアルミが錆びて白く粉が吹いたようになってしまうからです。

カビ取りハイターの裏側の注意欄にも、アルミなどの金属には使わないようにという注意書きがあります。

エアコン(アルミニウム)にカビキラーは使えない

特にエアコンをちゃんと分解せずにカビキラーを吹きかけた場合、大量の水ですすぐことができないため、カビキラーの成分がアルミフィン部に残ってしまい、それが錆の原因になってしまう可能性があります。

カビキラーエアコン掃除に使えますか?

このような理由から、カビキラーやハイターなどの漂白剤の使用はエアコンフィルターのカビ落としなどに限定して利用していくといいでしょう。

なお、アルミフィン部にはエアコン洗浄スプレー(300円/本、ホームセンターで購入できる)が使えますので、簡易掃除の場合はそういったものを利用してみるのがいいと思います。

エアコン洗浄スプレーを吹き付ける

>>エアコン洗浄スプレーでアルミフィンのカビ汚れを掃除する方法

吹出口の奥にある送風ファンには、送風ファン専用の洗浄スプレー(泡タイプ)もあります。

エアコンファン洗浄スプレーくうきれいの使い方

>>エアコン送風ファン専用の洗浄スプレーの使い方

カビキラーは強アルカリの洗剤なので使い方に癖がありますが、上記のような製品はエアコン故障の原因となる成分は含まれていませんので、安心して使っていくことができます。

是非参考にしてみてください。





タイトルとURLをコピーしました