【簡単無料】エアコンの不快なカビにおいを取り去る2つの方法

スポンサーリンク

エアコンのファン部分についたカビを掃除

7月に入ると気温が30℃を超える真夏日も多くなってきます。

暑くなってきたからエアコンをつけてみると、エアコンの風が臭くてびっくりすることがありませんか?

そのにおいの原因はエアコン内部に付着したカビや汚れであり、エアコンクリーニングを行うことでその不快なにおいをすっきり解消することができます。

ただ、エアコン掃除を業者に依頼した場合、1~2万円のクリーニング代が必要になったり、エアコンクリーニングのハイシーズンにあたる7~8月は、業者の予定がパンパンに詰まってしまっていて、なかなかクリーニングに来てもらえないということもあります。

ここで紹介したいことといえば、専用の掃除道具などは使わずにエアコンのカビにおいを低減する方法についてです。

具体的には、①送風運転を使ったカビの乾燥死滅、②冷房最大運転による熱交換器の結露水洗浄の2つの方法があり、いずれもエアコンのリモコンからの設定だけで簡単にカビにおいを低減することができます。

今回は、そんなエアコンのカビにおいを低減する2つの方法について、詳しくお話していきます。





カビ菌におい対策 賃貸住宅


エアコン掃除マニア

当ブログの運営者。実家の家業がエアコン取付と電気工事。大学と大学院でヒートポンプの省エネに関する基礎研究、東証一部上場企業で冷凍空調技士(二種)としてヒートポンプ機器の設計開発を経験。エアコン掃除の方法からカビ汚れの防止方法などについて分かりやすく解説。

エアコン掃除マニアをフォローする



DIYエアコン掃除マニア
タイトルとURLをコピーしました