【簡単無料】エアコンの不快なにおいを取り去る2つの方法

【方法その1】送風運転を使ったカビの乾燥死滅

まずはじめに紹介したいのが、エアコンの送風運転を使ったカビの乾燥死滅です。

エアコンの吹出口から出てくる生臭いカビのにおいは、カビが繁殖する際に放出する廃棄物が原因だと言われています。

ここで着目したいことは、カビにおいはカビそのもののにおいではなく、カビが繁殖するタイミングで発生するという点であり、何らかの方法でカビを死滅させる(繁殖させない)ことができれば、エアコンから出るにおいを低減することができるという点です。

一般的にカビはホコリなどの養分と水分があるところを好みます。

夏の悩み「カビとニオイ」がもう気にならない!シャープのエアコン「SXシリーズ」大解剖|価格.com

出典)夏の悩み「カビとニオイ」がもう気にならない!シャープのエアコン「SXシリーズ」大解剖|価格.com

冷房運転中のエアコンの内部には、このホコリなどの汚れと結露水(水分)の両方があるため、カビが勢いよく繁殖してしまいます。

ですが、逆に考えると、汚れや水分がないところではカビは生育することができないと捉えることもできます。

以下の研究結果から、カビは空気の湿度が60%以下になってくると生育がストップ(死滅)することが知られています。

菌糸が死滅する条件は、カビの種類によっても違いますし、同じカビでも育った湿度条件によっても違います。ndoor Air’ 96ではユーロチウムというカビを使い、「育てた相対湿度」と「死滅する相対湿度」の関係を発表しました。内容は以下の通りです。

ユーロチウムの菌糸は、

  • 相対湿度93.6%で育った場合、相対湿度61.8%で4時間、52.9%で2時間、43.2%で1時間で死滅。
  • 相対湿度84.3%で育った場合、相対湿度61.8%で16時間、52.9%で8時間、43.2%で1時間で死滅。
  • 相対湿度80.7%で育った場合、相対湿度61.8%で24時間、52.9%で16時間、43.2%で1時間で死滅。
  • 相対湿度75.3%で育った場合、相対湿度61.8%で死滅せず、52.9%で16時間、43.2%で3時間で死滅。
  • 相対湿度70.8%で育った場合、相対湿度61.8%で死滅せず、52.9%で24時間、43.2%で3時間で死滅。

(相対湿度75.3%では発芽するのに1週間、70.8%では発芽するのに1ヶ月かかります。)

日立も三菱電機もダイキンもこのデータをもとにしています。私の所での今までの調査では、室内に多い好乾性カビは全て、相対湿度低減で菌糸が死滅しました。

出典)カビの死滅条件について|NPO生活環境協会

これらのことから、エアコンのカビにおいを低減するためには、冷房運転の後に送風運転(扇風機と同じ状態)を1時間以上しっかりと行い、エアコン内部を乾燥させてやるといいでしょう。

また、この送風による乾燥はエアコンから出るにおいを低減するだけはなく、カビの生育抑制にもつながるため、エアコン内部を清潔に保つ効果もあります。

メーカーによっては、内部乾燥、内部クリーンなどという名称で冷房運転後に自動で送風運転を行う設定があったりしますので、それを利用してもいいでしょう。

「 内部クリーン運転 」 は、冷房や除湿 ( ドライ ) 運転の後に、送風や暖房運転を行ないます(約80~120分)。室内機の内部を乾燥させることで、カビやニオイの発生を抑える運転です。冷房や除湿 ( ドライ ) 運転後は、室内機の内部が結露し、ジメジメした状態になります。そのままで放置すると、カビやニオイの原因となるため、内部クリーン運転のご使用をおすすめします。

出典)内部クリーン運転とは?|DAIKIN

なお、このエアコンの内部乾燥については、こちらの記事に詳しくまとめてあります。

>>【カビ対策】送風運転でエアコン内部を徹底乾燥


スポンサーリンク

【方法その2】冷房最大運転による熱交換器の結露水洗浄

次に紹介する方法は、冷房最大運転による熱交換器の結露水洗浄です。

エアコンのにおいの原因となるカビは、エアコン内部のアルミフィン部などに発生します。

エアコンアルミフィンの頑固なカビ汚れ

ここで知っておきたいことは、エアコンのにおいに関する一般的な傾向として、吹出口から発生する生乾きのようなにおいはエアコンの稼働率が低い(部屋に対して大きな能力のエアコンが付いていて、長時間トロトロ運転をしている)ケースで多発します。

逆に、小さなエアコンをフル稼働させているような使い方の場合、部屋が冷えなくて困ることはあっても、吹出口からのにおいで困ってしまうということは少ないです。

このようなことが起こる原因は、アルミフィン部に発生する結露水による自己洗浄にあります。

冷却フィンとドレン皿、ドレンホースのイメージ図

エアコンは冷房運転中、エバポレーターと呼ばれるアルミフィン熱交換器(青色の点線部)の温度が下がる(0~5℃程度)ため、アルミフィンの表面に水が結露します。

そこで発生した結露水は、フィンの下にあるドレン皿(赤色の点線部)に落ち、そこからドレンホース(緑色の部分)を通って室外に排出されていきます。

ここで着目したいことは、結露水と一緒にアルミフィン部についた細かな汚れも一緒に排出されていくということです。

結露水が多く発生するようなケース、例えば、大きな部屋に小さなエアコンが付いていて、エアコンがフル稼働しているような場合は、フィンに付着した汚れも室外に排出されやすくなります。

逆に、部屋の広さ(または熱負荷)に対してエアコンの能力が相対的に大きいような場合は、エアコンがトロトロ運転や断続運転してしまい、結露水の発生が抑えられ、フィンに付着した汚れがそのまま残ってしまいます。

このようなケースに効果的なのが、冷房全開運転による結露水洗浄です。

まず、窓を全開にした状態でエアコンの冷房運転の設定温度を16℃(最低)にします。

すると、部屋を冷やすためにエアコンは全力で動き始めますが、窓を全開にしているため部屋の温度は下がっていきません。

その結果、エアコンは最大の冷房運転を継続することが出来るようになりますので、エアコン内部のアルミフィン熱交換器には大量の結露水が発生します。

その運転を1時間ほど継続すると、結露水によってフィン部に溜まった汚れが室外に排出されますので、吹出口から出てくるにおいを低減することが可能となります。

この方法は、エアコンメーカーに吹出口からのにおいが気になると問い合わせをした時に提案される方法となっています。

もし、もうすでに臭いが出てしまっているときは、窓を開けて強冷房運転をすることで、室内機がたっぷり水分を出して、中の汚れを流してくれます。

出典)使い始めの臭い対策 – 三菱電機

エアコンの風がちょっと臭うなぁというレベルであれば、この方法で対応できると思いますので、一度試してみてください。

最後に一言

今回は、【簡単無料】エアコンの不快なにおいを取り去る2つの方法についてお話しました。

エアコンからのカビにおいは、上記の方法で改善されることが多いです。

これらの方法であれば、費用もちょっとした電気代レベルで住みますので、是非一度試してみてくださいね。

ただ、エアコン内部の汚れがひどい場合は、エアコン内部のカビ汚れを除去しなければ改善されないこともあります。

そのような場合は、早め早めにエアコンクリーニングを依頼することをおすすめします。

なお、自分で行うエアコンクリーニング方法については、こちらの記事にまとめてありますのでご参考まで。

>>【水道散水ノズルでエアコン掃除】内部カビ汚れのDIYクリーニング(中級編)

>>【エアコンクリーニング】室内機を取外&分解して徹底的に洗浄する方法(上級編)

それでは!





タイトルとURLをコピーしました