【水道散水ノズルでエアコン掃除】内部カビ汚れのDIYクリーニング(中級編)

水道ノズルでDIYエアコンクリーニング

エアコンの風がカビ臭いと感じた場合、エアコンの内部のアルミフィンや送風ファンなどには大量のカビ汚れが付着してしまっています。

一般的なホームセンター等に売られている洗浄スプレーによるエアコン掃除では取り除ける汚れが限られてしまうため、すぐにまた臭いが再発して困ってしまうことと思います。

でも、少し頑張って自分で本体カバーを外したり、電装品などに水がかからないようにするなどの工夫が出来る人の場合、エアコンの内部を水道ノズルでジャーッと水洗いで掃除することが出来ることをご存知でしょうか?

「家電製品を水洗いするの?」と感じるかもしれませんが、業者はこれとほとんど同じ方法(水圧)でクリーニングしていますし、私はこれまでこの方法で年に一度はエアコンや除湿機などのカビ汚れをきれいにしてきました。

もちろん、失敗すればエアコンが壊れてしまう可能性はありますので、自己責任で行わなければなりません。(私はこれまで一度も故障させたことはありませんが・・・)

ただ、このクリーニング方法をマスターしてしまえば、これからはエアコン掃除を業者に依頼しなくても良くなります。

今回は、そんな水道ノズルを使ったエアコン掃除の方法について、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

エアコン掃除に必要なものについて

まずはじめに、水道ノズルを使ったエアコン掃除に必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】水道ノズル

エアコン掃除で使った水道ノズル

まずはじめに必要なものが、水道ホースの先端につける散水ノズルです。

一般的な散水ノズル(ジェットや拡散など切り替えられるタイプ)でもOKですが、私は写真のような柄の長いタイプのもの(ネットショップで2000円ぐらい)を使っています。

柄の長いタイプなら、小さな脚立しかなくても高い位置にあるエアコンの上の方まで楽に水をかけることが出来るからです。

ここで、一般的な業者が行う際のエアコンクリーニングの水圧は以下のとおりです。

  • 低圧洗浄;0.1~1MPa
    →基本は0.3MPa程度、0.6MPaぐらいからアルミフィンを倒してしまわないように注意する必要がある。
  • 高圧洗浄;1~3MPa
    →油汚れなどがひどい場合のみ
  • 超高圧洗浄;3MPa以上
    →通常のクリーニングでは使わない

ちなみに、水道の水圧はだいたい0.2~0.3MPa前後で、このようなノズルをつけるとその先端から吹き出される水圧は1.5~2倍程度(0.4~0.6MPa)となりますので、この水道ノズルを使えばルームエアコンで行われているような低圧洗浄が出来るという感じです。

なお、油汚れなどがひどい場合は高圧洗浄が必要な場合もありますが、それでも1.5~2MPaぐらいが限度で、超高圧洗浄(家庭用の高圧洗浄機は3~7MPa)などを行ってしまうと、アルミフィンが倒れてしまったり、水が細かな隙間から本来水が入ってはいけないところに入り込んでしまってサビを発生させてしまったりします。

エアコンクリーニングは、高い水圧よりも大量の水でカビを洗い流すということが最も重要です。

設置から1~2年ごとにクリーニングを行っている場合は、水道を使った低圧洗浄でも十分に汚れを取り除くことができますので、洗浄する際の水圧に関してはこのような知識を持っておくと良いでしょう。

ただし、家の水道の水圧が明らかに弱い場合は上記のようなノズルをつけても、水の勢いが強くならない場合がありますので、そのような水道しかない場合は注意してください。

【必要なものその2】ホース

エアコンクリーニングに使う水道ホース

今回のクリーニングでは、水道の蛇口にこのようなホースリールを接続して使いました。

水道から掃除したいエアコンまでの距離分の長さのホースリールが必要ですので準備しておきましょう。

【必要なものその3】エアコン洗浄カバー

DIYエアコンクリーニングで使った洗浄カバー

エアコン洗浄で欠かせないものといえば、廃液を受け止めるための洗浄カバーです。

私が愛用している洗浄カバーは洗浄カバーの下部にホースを取り付けられるような構造になっているため、廃液が勝手にそのホースを通ってバケツに集まる仕組みになっています。

エアコン洗浄カバーと廃液受け

昔はこの洗浄カバーが数万円もしたため業者の人しか手に入れることができませんでしたが、最近ではネット通販などで2000~3000円程度で購入することが出来るようになっています。

この洗浄カバーは何度でも利用可能ですので、「これからエアコンクリーニングは自分でやっていくんだ!」と決意した人は購入しておくことをおすすめします。

なお、洗浄カバーによっては本体カバーを取り外さずに洗浄するような説明書きになっていることがあります。

エアコン洗浄カバーの説明書

出典)エアコン洗浄カバー|CREEKS PRO

本体カバーを取り外さずに洗浄を行うと、本体カバー裏などに廃液が溜まったりして余計なところにまでカビが大量発生してしまうことにつながります。

ですので、できる限りきれいにしたいのであれば、本体カバーを取り外してクリーニングすることをおすすめします。

【必要なものその4】養生シートと養生テープ

エアコン掃除で使った養生シート

このエアコンクリーニングでは、電装パーツを上記のような養生シート(マスカーと呼ばれるもの、ホームセンターなどで200円程度で購入可能)を使って覆い隠し、水濡れを未然に防ぎます。

エアコンの電装品をマスカーで水濡れ防止

マスカーのフィルム部分はいろいろな長さのものがありますが、エアコン掃除では50cm程度のもので十分です。

なお、電装パーツの固定などで養生テープ(ホームセンターなどで200円程度)なども使ったりしますので、準備しておきましょう。

養生テープで電装パーツを固定する

【必要なものその5】プラスドライバー

エアコン電源カバー裏のネジを外す

エアコンの本体カバーを取り外す際、カバーを留めているビスをプラスドライバーで取り外す必要があります。

一般的なサイズのもので対応できますので、準備しておきましょう。

【必要なものその6】雑巾やタオルなど

DIYエアコン洗浄で使う雑巾

エアコン洗浄を行ってみるとわかるのですが、ノズルから勢いよく出た水が室内側に飛び散ったりします。

部屋に飛び散った水は雑巾などを使って拭き取りますので、何枚か雑巾を準備しておくと良いでしょう。

なお、エアコン洗浄後に送風ファンについた水を飛ばす際、大きめのタオルを送風口に取り付けて水しぶきを飛び散らないようにしたりすることもありますので、バスタオルなども準備しておくと良いでしょう。

バスタオルをエアコンの吹き出し口に取り付ける

次のページでは、具体的な水道ノズル洗浄の具体的なやり方についてお話していきます。





タイトルとURLをコピーしました